3
出典:http://matome.naver.jp/odai/2143679906529369501

スポンサーリンク



アニメが映画化され、アニメの3期がはじまるなど、ハイキュー!!は本当にすごい成長を遂げていますね。

ハイキュー!!は日本を代表する素晴らしい漫画だと思います。

これまでのハイキュー!!舞台の実績と現在の公演の情報

さらに、最近ではハイキュー!!のアニメが舞台になり、その初演は2015年11月に東京・大阪・宮城・東京凱旋の4都市公演が行われすべてが完売、さらにライブビューイングも好評、初演は大盛況で幕を閉じ、2016年春に異例の速さで大阪・東京公演にて再演。

その再演のライブビューイングでは日本演劇史上初全国93館の映画館で開催するという偉業を成功させ、初演に続きまたまた大盛況で幕を閉じたそうです。

そして、さらにパワーアップし今年の10月28日から新たなストーリーで公演が始まりました

名前は、「ハイパープロジェクション演劇ハイキュー!!”烏野、復活”」です。

初演・再演の名前もかっこよかったのですが、今回の公演の名前が一番かっこいいなと感じました。

特に「烏野、復活」というところがとてもかっこよくて、どう復活するのだろうという興味が湧く名前だなと思いましたね。

そして今回の会場は、東京・岩手・福岡・大阪・東京凱旋の5都市公演で行われ、さらに初の全国47都道府県の映画館でライブビューイングが開催されるそうです。

公演のチケットが取れなくても、映画館の大画面で迫力の演技を見ることができるライブビューイングが全国で開催されるのでどうしても舞台を見たかった人などにとってはライブビューイングは素晴らしいイベントだなと思います!

ハイキュー!!舞台のキャスト・スタッフ情報

まず、この素晴らしいハイキュー!!の脚本・演出は誰が務めているかですが、演出がウォーリー木下さん、脚本はウォーリー木下さんと中屋敷法仁さんが共同脚本をしています。

演出・脚本を務めているウォーリー木下さんは東京ワンピースタワー内の「LIVE ATTRACTION」を演出・共同脚本するなど今後の更なる活躍が期待されている演出家・劇作家さんです。

脚本を努めている中屋敷法仁さんは佐藤佐吉演劇祭で「最優秀作品賞」を受賞するという凄い実績を持っている演出家・脚本家で、さらに舞台に俳優として活動するという幅広い活躍をしてらっしゃる凄い方です。

このような凄いお2人がタッグを組みハイキュー!!の舞台の脚本を手がけるだなんてとても凄いと思いました。

そしてキャストも豪華です。

主人公の日向翔陽を演じるのは「ALWAYS三丁目の夕日」などの有名作品に出演された須賀健太さんです。

私の中で須賀健太さんは映画やドラマなどのイメージで、舞台に出演をしているイメージがあまりなかったのですがハイキュー!!の舞台の公開CMの動画を見ていると、動きや表情が豊かで声のトーンも日向に似ていて舞台もできる凄い方なんだと改めてびっくりしました。

他のキャストさんもアニメのキャラクターの見た目や細かい動きなどをきちんと捉えていて、本当にアニメのハイキュー!!のキャラクターが3次元にそのまま出てきたようなインパクトを受けました。

優秀なキャストさんばかりなんだろうということを動画を見ただけで感じることができました。

まとめ

実はアニメの舞台にはあまり興味のなかった私なのですが(^^;、ハイキュー!!の舞台の動画を見たりなどしていくうちにハイキュー!!の舞台は見てみたい~と思うようになってきました!

キャストも演出・脚本も豪華だし、最新テクノロジーもどうキャストの動きに使うのか気になります。

この記事をきっかけに私もアニメ舞台観覧デビューをしてみようと思います。(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>