9
出典:http://zigxzag.hatenablog.com/entry/2016/01/29/233000

スポンサーリンク



アニメ第3話は、何と言っても日向のスパイクを止めたゲスモンスターと呼ばれる”天童覚”の登場。
烏野の「理性」と呼ばれる月島の怖いぐらい静かな活躍も見所です!

白鳥沢・天童覚とは?

第1話・第2話とちょいちょい出てていたけどあまり目立たなかった天童。

俺の出番が来ました!と言わんばかりに強烈な印象を与えてくれましたね。

実際見た目とのギャップがあんまりないぐらいピッタリな強烈キャラなんですが(笑)それ以上にプレイが奇抜で、直感で動いてブロックは叩き落とすものだというクセの強いキャラなんです、本当に。

試合中ブロックを止めたり・スパイクを決めたりした後、烏野のメンバーとの会話が目立ちましたね。

その中でもやけに耳に残るオリジナルの歌と目に焼き付いて離れない振り付けが今でも強烈に残りますよ!

きっとふとした瞬間に口ずさんでたり・・・(笑)

一番面白かったのは「間違えたー!!」といったシーン。

日向が打つであろうと思っていた場所を読み違えた天童の叫び、その後獅音に突っ込まれた上に「語尾がおかしいぞ」と牛若にまで言われてた所は笑いましたね♪

静かにじわじわと来るプレイヤー月島蛍!

個人的にイチオシの選手・月島蛍。

第一期・第二期まではただバレーをしていただけの月島が何と!急成長をしたんです!!

最初こそ主人公である日向や影山がメインであまり目立たなかったのですが、第二期後半ぐらいから徐々に全面に出てきたんです。

ついに第三期、第3話じわじわと冷静に勝つための一本のために考え続けているんです。

顧問の武田先生が「烏野の理性」と心の中で言っていました。

一進一退の攻防の中で厄介な選手である牛島若利。

サーブもスパイクも完璧で最強、そして”左利き”であることでも拾いにくい。

その中でどうしたら拾えるのか?どうしたら止められるのか?

静かに全体を見つつ考え続ける中で、烏野は「トータルディフェンス」が形になり一本を勝ち取った瞬間は熱くなりましたね!!

思わず叫んじゃいましたよ!(笑)

キャラ同士のやりとりでの萌え要素もいっぱい!!

まずは影山×日向は、毎回絡みがあるので安定ですね♪(笑)

腐要素としても王道のCPだと思ってます!

練習中でも試合中でもいつでも喧嘩ばっかり。

今回も試合の中で二人はジャレ合ってましたからね。

日向が影山を笑いながらバカにして、絶対殴られるのわかってるくせにどうしても絡まずにはいられない!(個人的にそういう目でしか見れない)

案の定、飛び蹴りを食らってましたが「またやってるよ」程度ですよ。

次は意外と好きな人が多い影山×菅原のセッターコンビ!

影山が入部してからと言うものの・・・正セッターだった菅原がレギュラーじゃなくなってしまった。

でも時々、影山が交代せざる終えない時や同時攻撃の時にセッターとして出てくるんです。

たまにピンサーとしても活躍してました!さすが!

そして今回、その全員での同時攻撃の際にコートに立ちセッターとしての仕事をしてくれました。

トスを影山に上げ、スパイクが決まると背中を叩く菅原。

画面上にはまさかのツーショット!影山×菅原ファンには溜まらないはずです♪

他にも月島と山口のやりとりも好きです。

二人ともさりげなく信用しあった仲ですからね!

私的には月島×日向が大好物なので、今後二人の萌えのシーンを期待したいと思います^^


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>