16
出典:https://matome.naver.jp/odai/2142146839175676701/2142146948776343503

スポンサーリンク



烏野を始め、各チームにはエースと呼ばれる人と次期エース候補がいます。

主将や副主将はもちろんチームの要であり大黒柱、エースとはチームの中で最もスパイクを中心とした攻撃をする花形ポジションでもあるんですね。

もちろんレシーブやサーブも出来て、さらにスパイクを打ち抜く力もあるので憧れてしまうのもわかる気がします。

烏野の現エースと次期エース

烏野チームの現エースはパワー型の旭さん。

見た目は老けているように見えますが、中身は優しくしかもビビりというギャップを持ち合わせています(笑)

試合前とかにもセンチメンタルになったり、気弱発言も多いけどいざ試合になれば強いですね!

スパイクを打ち抜く力もあってエースというだけあります。

そんな三年生が引退した後、誰がエースを引き継ぐのかも気になるところ。

アニメやマンガにもありましたが、次期エース候補として「田中龍之介」が挙げられているんです!

田中は女子や潔子さんに反応し、二年生の中でも西谷と肩を並べ派手なことが好き。

試合中のメンタルは人一倍強く、ムードメーカーでもあり、西谷と暴走したりすることもしょっちゅう。

インハイ予選VS青葉戦では、及川に狙われミスが多くなってしまうシーンでは「俺、今トス呼ばなかった!!!」とビビっていたことを反省していました。

でもそんな田中には男前でカッコイイシーンもいっぱいあるんです!!

ただ挑発したり、煽ったりという場面もありますが、田中だからこその良いところなんでしょうね♪

スパイクのパワーも他のメンバーに劣らない強さを持っているので、次期エースにはぴったりなんだと思います!

音駒のエース猛虎と次期エース候補だと言っているリエーフの存在

烏野と昔からの縁がある音駒高校。

現エースは二年生の山本猛虎で、烏野の田中と似ている部分が多く最初こそ挑発し合ってましたが、潔子さんの存在によって友情が芽生えるシーンなんかもありました。

見た目も高校生とは思えない厳つい感じでモヒカンだけど、熱血な部分もあってチームメイトからはよく「うるさい」と言われてたり。

そんな猛虎に迫るのが新入りのリエーフでした。

リエーフは入部してからずっとエースの座を狙っているんですが、まさかのバレー初心者(笑)

スパイク以外のサーブやレシーブがヘタクソで、日向と同じくらいかそれ以下だとも。

でもリエーフのタッパと手足の長さはバレーにとって有効活用出来るということで、入部してから数ヵ月で試合に出たりも。

エース発言を連発するリエーフと猛虎のこれからのやりとりも面白いかもしれないですね♪

猛虎は現エースの威厳を見せ続けるのか、それともメキメキと成長を続けるリエーフがどうなっていくのかもこれからの見所です!


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>