8
出典:http://ameblo.jp/azuki2-anime/entry-12042674944.html

スポンサーリンク



◆完全オリジナル?!

黒子のバスケのOVAには4話程◯.5話といった、箸休め的な話があります。

ずーっと試合ばかりじゃ、心が落ち着きませんからね(笑)。

しかし、どの話も原作があり(テストの話や過去の話等)、それをちょっと膨らませた様な内容なのですが、75.5話だけは違います。

完全オリジナルではないか?!と思えるほど、そして、最高に萌える話になっています。

話の内容は、本編最後に出てきた、ウインターカップ後の黒子の誕生日にキセキの世代全員が集合した写真についてでした。

本編ではサラッとしか語られなかったのに、30分まるまるの内容には興奮しか無いでしょう!

◆皆に愛されている黒子

キセキの世代からも、チームメイトからも、周りの皆から黒子が愛されてるのがよくわかりました。

影が薄い=友達が少ない、という私の中の方程式は見事に覆されました(笑)。

これは、現実だけなんでしょうね。(笑)

黒子は影が薄いことで、逆に存在が目立っているような作品ですから、こんなにも皆に愛されてて、羨ましくなっちゃいました。

キセキの世代の皆も、何だかんだ言いながらも、ちゃんと来るところがまた良いですね。

そして、やっぱり仲間って良いなぁと思いました。

◆多くのフラグが立ちまくり(笑)

オリジナルだから、どこまで原作者が関わったかは分かりませんが、ちょっと腐的な要素が所々にちりばめられていました。

火神と黒子とか、黄瀬と黒子とか……でも、1番良かったのは、降旗と赤司の再会でしょう。

ライオンとチワワが再び出会い、降旗の怯え方とか、赤司は変わらずに声をかける所とか、キュンっとしてしまいました。

この二人のコンビももっと見たいと思いますよね。

あとは、日向の飾り作り!

どうだ~と嬉しそうな顔で見せつけてくる様子は、可愛い男の子でしかありませんでした。

木吉早く捕まえて!と思っちゃいましたよ。

◆全員集合

誠凛メンバーとキセキの世代+αなんて、普通なら、絶対に有り得ない場面ですが、これぞアニメの番外編ですよね。

だいたい、いち高校生が京都や秋田からそう簡単に東京になんて来れませんし(笑)。

いくら練習試合を組むとはいえ……というか、秋田と京都のチームが練習試合なんて組みませんしね。

これぞまさに、2次元の世界のなせる技、ですね。

有難うございます、という感じです。(笑)

アニメオタクの心を完全に理解してくてれいると思い、制作会社に対し、嬉しくなってしまいました。

何度も見れる、最高傑作になっています。

まだ見てない人は是非、見た方が良いですよ。


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>