11-1
出典:http://yojimbonoyoieiga.at.webry.info/201309/article_2.html

スポンサーリンク



ニャンコ先生は夏目友人帳の主要キャラクターであり、グッズ化も多くされている人気キャラクターでもあります。

今回はそんなニャンコ先生の魅力を徹底解剖したいと思います。

〈ニャンコ先生とは?〉

11-2
出典:http://ameblo.jp/nikoniko427/entry-11132086106.html

招き猫に封じられた妖怪です。

 

本来の名を斑(まだら)と言い、元は大きくて優美な白い獣の姿をしています。夏目が封印を解いてしまって以来、「夏目が死んだら友人帳をもらい受ける」という約束で用心棒をしています。依り代の招き猫姿であれば夏目以外の人間にも見えるため、普段は猫として藤原家に居候しています。

 

友人帳についても詳しく、レイコとは親交が深かったようですね。かなり高位の妖らしく、下級の妖を追い払う光を放つことができます。

〈ニャンコ先生の魅力〉

11-3
出典:https://matome.naver.jp/odai/2138839061582043401/2138839147983237503

ニャンコ先生の魅力といえば、なんといってもそのギャップですね。普段は招き猫の丸いフォルムに「おっさんくさい」声ですが、本来の斑としての姿になると全くの別人(別猫?)のようです。

 

斑姿のニャンコ先生は本当にかっこいいですね。自分で自分のことを「優美だ」というだけあります。本来の姿はそれほどかっこいいにも関わらず、普段のニャンコ先生はお酒にだらしなく、甘いものに目がありません。(笑)塔子さんの作った晩ご飯や、七辻屋のまんじゅうが大好物のようです。

 

また、高位の妖でプライドの高い部分がある反面、そのせいで逆に子供っぽい心の狭さが垣間見えたり、ねこじゃらしにじゃれるといった猫っぽい言動も見られます。更に、招き猫姿の時の高い声と本来の姿の時の低い声のギャップもたまりません。

 

このような、見た目だけでなく、声や性格も含めたギャップがニャンコ先生の最大の魅力ではないでしょうか。

〈ニャンコ先生の声優、井上和彦とは?〉

11-4
出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/natsume/chara/

アニメでニャンコ先生を演じるのは、神奈川県横浜市出身の男性声優、井上和彦さんです。

 

事務所はB-Boxに所属し、声優の他に俳優、ナレーター、音響監督などをされています。

 

ニャンコ先生の他にも、『NARUTO-ナルト-』のはたけカカシ、『名探偵コナン』の白鳥任三郎刑事、『双星の陰陽師』の闇無など多数の役を演じています。2枚目正統派の役を中心として、特徴ある声の役まで幅広くこなしているようです。

 

実は、ニャンコ先生を演じる際に、招き猫姿の時と本来の姿の時とで声を変えるように指定はされてなかったそうなんです。実際、アニメ開始前に発売されたドラマCDでは、招き猫姿の時も低くてダンディーな声で演じられています。しかし、アニメ化の際に「この姿でこの声は合わないよね」と考え、現在のように招き猫姿と本来の姿の時で声を変えるようにしたそうです。

 

さすがベテラン声優ですね。

〈ニャンコ先生のグッズの数々〉

11-5
出典:http://nyankosenseigoods2.blog.fc2.com/blog-entry-198.html

ニャンコ先生は、他のキャラクターよりも群を抜いて、商品化される数が多いように思います。キーホルダーだけでなく、お菓子のモチーフになったり、ぬいぐるみやきんちゃく袋になったり、その種類も豊富です。UFOキャッチャーの景品ではパスケースなんかもありました。

 

そのニャンコ先生グッズのほとんどは、本来の姿ではなく招き猫の姿のニャンコ先生がモチーフになっています。あの丸いフォルムと顔は描きやすいのでしょうか。(笑)アニメのCM明けの映像もニャンコ先生ですし、アニメ公式サイトの待ち画面もニャンコ先生です。

 

アニメスタッフにも愛されているんですね。

〈まとめ〉

11-6
出典:http://daybreakforce.blog129.fc2.com/blog-entry-846.html?sp

ニャンコ先生は、かわいい時もあり、かっこいい時もあるんですね。そんなかわいさとかっこよさを兼ね備えたニャンコ先生のこれからの活躍に、期待で胸が膨らみます。

 

きっとニャンコ先生のグッズもこれからどんどん増えていくでしょう。(笑)

 

これほど魅力的な部分が多ければ、大勢の人に愛されるキャラクターに育つのもうなずけますね。次はどんなニャンコ先生が見られるのか、楽しみです。


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>