5-1
出典:http://otaken1248.com/archives/11556390.html

スポンサーリンク



「ユーリ!!! on ICE」に出てくるお犬様。ヴィクトルが連れてきたマッカチンと、勇利が飼っていたヴィクトル。ふかふかの毛並みと愛くるしい表情で登場人物も視聴者も和ませてくれる名脇役。

 

そんなユーリオンアイスに登場する「お犬様」について書いていきたいと思います。

●犬種について

5-2
出典:http://otaken1248.com/archives/11556390.html

まず、ヴィクトルが飼っている「マッカチン」について。

 

マッカチンは、インターネットで調べてみると、どうやらスタンダードプードルらしいです。スタンダードプードルは賢くて優しく活発で、飼い主に従順だそうです。大型犬に属し、ふわふわの巻き毛と垂れ耳が特徴。それと人と過ごすことが大好きなので、室内で飼うことが必須条件みたいです。

 

あと、トリミングなどの美容院も欠かせないとか。リビングレジェンドのヴィクトルだからこそ金銭的に飼うことの出来る犬種かもしれません。

 

そしてもう一匹。1話で亡くなったと語られる、勇利の飼い犬「ヴィクトル」について。

 

ヴィクトルがスタンダードプードルを飼い始めたことに影響を受け、勇利が飼い始めた犬「ヴィクトル」。こちらの犬種はスタンダードプードルではなくてトイプードルだと推測されています。公式でははっきりとした情報の明示はされていないので、あくまでも予想、ということになりますが。

 

トイプードルの祖先がスタンダードプードルなので、犬種としては似た者同士といったところでしょうか。トイプードルは元気いっぱいの社交的な犬で小型犬。室内犬としても飼いやすい犬とも言えます。そんなトイプードル、略してトイプーに大好きなヴィクトルと同じ名前をつけて可愛がっていたのですから、亡くなった時にそばにいれなかったことは、勇利にとっては精神的ダメージが大きかったことでしょうね。

●マッカチンの名前について

5-3
出典:http://animediator1.seesaa.net/article/443176403.html

話数を重ねるごとに人気が上がっているマッカチン。その名前についても色々考察されているようです。ロシア語に堪能な方ならまだしも、ロシア語はあまり知らない方が多いと思いますので、ここはインターネットの情報に頼ってみます。

 

有力説は「カフェモカ」説

どうやら、ロシア語でカフェは「かふぇ」らしいのですが、それが濃いモカになると「マッカチン」になるのだとか。そうなると、マッカチンの体毛の色から濃いモカを連想し、ヴィクトルがマッカチンと名付けたのだろうと推測できます。

 

ちなみに、ザリガニ説もあるようです。

俗称でザリガニのことをマッカチンというとか。個人的にはこちらはあんまり考えていません。どの辺がザリガニなのかわかりませんからね。

●大人気のマッカチン

5-4
出典:http://yuri.otomekei.net/
マッカチンの人気は急上昇!

ヴィクトルの飼い犬ですが、勇利にも懐いて、ゆーとぴあかつきの中では自由奔放に活動していると思われます。ヴィクトルの部屋で寝ていたり、勇利の部屋で寝ていたり。勇利のトレーニング中でも大活躍です。

 

そんな可愛いマッカチンは存在感抜群。

アニメの中でも、マッカチンに似たティッシュケースや、プードルのモチーフが使われた小物が出てきています。6話では、マッカチンのようなぬいぐるみが投げ込まれるシーンもありました。あんな小物が欲しいと思うファンが増えているようです。

 

特に、事あるごとに出てくるプードルを模したティッシュケース。ヴィクトルが声を当てて勇利を励ましたりする時に使っていたりしました。そこを見込んでか、公式からマッカチングッズも売り出されるほど。

でも足りない。というか、種類が少ない。だから、アニメとは全く関係ない、ただプードルを模したグッズだということだけでプードルに関連した雑貨を買い求める人が増えたらしいです。(笑)

可愛いですよね、マッカチン。

ヴィクトルがジュニア時代の頃に飼い始めた犬ですので、多分高齢。出来ることなら、最終話まで生きていてほしいです。


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>