13-1
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1080335355

スポンサーリンク



●義兄弟

13-2
出典:http://tukinokakera112.blog112.fc2.com/blog-entry-301.html

今回は、バラガキ編。土方がメインの長編でしたね。真選組に預けられたテツ。土方と同じく、外腹で妾が生んだ子供。そんな自分を受け入れてくれた兄を慕って、兄を守ろうとした土方。その結果、周りから腫物を扱う様な扱いに。

テツも同じく妾の子として佐々木家に迎えられたけど、腫物扱い。それも兄(異三郎)が優秀な本家の長男として君臨していて、何かにつけて比較されて来たと思う。本人も最初は子供だし、胸を躍らせて引き取られて来て、兄を手助け出来る様になるんだ!!って。それが、初めて会う兄が異三郎でしょ?グレるわ(笑)

勝手な想像ですが・・・自分の小姓と言うよりは、末っ子だった土方にとっては「出来の悪い弟」で、テツにとっての土方も、初めて「自分に向かい合ってくれた兄」みたいな感じがあったんじゃないかな?土方からの用事で手紙を託された時、テツは初めて人に必要とされて嬉しかったんだと思う。

 

まぁ、我が家には先々代の妾がホントにいたから(笑)

 

本妻追い出して君臨してたから、意外にドライな(笑)土方やテツの様な子はいませんが。

●男ばっかり

13-3
出典:http://renote.jp/articles/3008

「自らバラの棘に足を突っ込む」

 

バラガキ土方は、確かに一人で無茶しましたね。銀魂のキャラはみんなバラガキでしょ?とニヤニヤしながら助けに来た近藤や銀時を見てました。

 

しかし・・・

(主人公なのに)銀時は四捨五入で犯罪者扱い。スラムダンクはパクるし。気づいたんですが、このバラガキ編・・・セリフのある女性キャラが二人しか登場していないのに気づきましたか?土方兄のお嫁さんと、信女。アテレコ現場を想像してニヤケてました(笑)

まぁ、別録かも知れませんが、銀時、近藤、異三郎、土方、沖田、山崎(の声優さん)が一堂に会する訳ですよ。自分がブースの中央に置かれたマイクになった想像(妄想か?)してみなさいよ~!!(銀時風に)

 

鼻血でそうな位豪華ですよね。

●白夜叉

13-4
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11110675311

「俺が白夜叉だ!」あーあ・・・言っちゃったよ・・・バレちゃったよ!と、思いましたが。あのシーン、ヘリの音が凄くてそんなに聞こえてなかったと思う(笑)。土方には聞こえてただろうけど、この人も他人の過去とかは気にしなさそうだしな。

異三郎は亡くなってしまう訳ですが・・・実子もいないし、テツが家を継ぐ事になるんでしょうか?真選組に残るのかな?その辺りの描写は出て来ないまま終わってしまうのかな?

番外編として、それぞれのその後を描いて欲しいですね。

今回は、怪しい妄想?を入れてみましたが、銀魂は声優陣も素敵なキャスティングが多いですからね。お許しいただければ幸いです。(笑)


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>