6-1
出典:http://yurionice.com/

スポンサーリンク



皆さまも今期、虜になっている方が多数いることでしょう、アニメ「ユーリ」。

「原作はマンガ?小説?是非読んでみたい!」
そう思われた方も大勢いらっしゃるだろうと思います。
私も原作はなんだろう!読んでみたいな!と思ったひとりです。

原作は「アニメ」

だがしかし!ユーリには「原作」という原作は存在しません。
完全オリジナルアニメーションであるため、現在放映されているアニメが「原作」となるのです。
これはもう円盤を買うしかないですね!(?)

原案の「久保ミツロウさん」、監督の「山本沙代さん」

さて、そのアニメですが、制作の中心は久保ミツロウさんと山本沙代さんのお二方です。

久保ミツロウさんは、長崎出身の漫画家。
「ユーリ」の舞台やモデルを九州にされたのも、そこに関係しているかもしれませんね。
代表作として、最近では「モテキ」「アゲイン!!」等が挙げられます。
「ユーリ」では脚本、キャラクターの原案を担当されています。

山本沙代さんは、アニメーション演出家、アニメーション監督としてされている方です。
監督としてアニメに携わるのは「ミチコとハッチン(2008年)」「LUPIN the Third -峰不二子という女-(2012年)」に続き、3作目になります。

今年3月に開催された「AnimeJapan 2016」での制作発表会によると、このお二方がタッグを組んだきっかけは、2014年冬に開催されたソチ五輪。
そもそも「アイススケートのアニメを!」という企画自体は、4年も前からあったそうです。
ソチ五輪の際、久保ミツロウさん出演のラジオ番組「久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン」にて、久保さんがアイススケートの話をしていたのを、山本沙代さんが聴いたことがはじまりだったとか。
タッグ結成後は、ふたりでバルセロナ、ロシア、北京、上海などを自腹で視察し、「アイススケートのアニメ」という企画の実現に向け、資料を撮りためたそうです。

振付はプロの振付師

劇中でのリンク上の振り付けは、実際のフィギュアスケートのコレオグラファー(振付師)の方が行っています。
「ユーリ」のスタッフ入りした宮本賢二さんは元フィギュアスケート(アイスダンス)選手であり、現在は振付師として活躍されている方です。
振付した方は「荒川静香さん」「高橋大輔さん」「鈴木明子さん」「安藤美姫さん」「織田信成さん」「浅田真央さん」「羽生結弦さん」等…、日本トップレベルのフィギュアスケート選手の振付を担当されております。
その道の第一線で活躍されている方がアニメに携わっていただけるなんて、感激ですね

このように久保さん、山本さんが細部まで徹底してこだわった作品であるからこそ、人気を博したのだなと思います。
円盤、買っちゃおうかな!