19-1
出典:https://prcm.jp/album/arisa20000105/pic/36053585

スポンサーリンク



ハイキューでは強烈で個性的なキャラが多く存在しているんです!

ちょいちょい笑いもあり、だけど試合になると真剣に貪欲に勝つことだけを考えてる猛者の集まりだと思います。

しかもイケメンが揃っている・・・!

その中でも、烏野とよきライバルであり、「ゴミ捨て場の戦い」を実現させたいと思っている音駒高校と、エースの個性が飛び抜けている梟谷学園について書いていこうと思います。

どちらも強豪と呼ばれていて、梟谷学園グループの一校でよく森然や生川とも合宿をしているみたいですね。

繋ぐことを重視する音駒高校とは!?

19-2
出典:http://ciatr.jp/topics/154746

セッターの孤爪とMBの黒尾は1歳違うけど先輩と後輩という上下関係がなく、幼馴染みで小学生の頃に黒尾と一緒にバレーを始める研磨。

研磨は基本スマホやゲーム機を持ち歩き、大人しい猫って感じなんです!

でも試合では冷静に判断し、セッターとしても影山がセットアップを誉めるほどに上手いんですよね。

対して黒尾は人を煽ることが得意だけど、主将としてチームをまとめ上げる力もあり、試合においてもスパイク・レシーブはもちろん上手い!

でも一番は、合宿において月島やリエーフのブロックを教えたりと面倒見も良い一面も。

その内には猫又監督が引退するまでに全国大会で「ゴミ捨て場の決戦」を実現したいからという願いもあったからなんですよね、さすがキャプテン!

飄々としていて掴みどころのない男でもあります(笑)

この2人をメインに、他にも1年の長身のリエーフやリベロの夜久さん、唯一田中さんとキャラが被りそうなエースの山本。

試合前黒尾が言う名言「俺たちは血液だ 滞りなく流れろ 酸素を回せ 脳が正常に働くために」

脳である研磨が正常に働くために、黒尾や他のメンバーは拾い続けろって意味であり、今の音駒を作り上げたんでしょうね。

エースを軸としたチームの梟谷学園!

19-3
出典:https://prcm.jp/album/378b16667171f/pic/54951015

エースである木兎はチームの要ではあるのですが、面倒くさい奴だと良く言われているんですよね・・・。

それで良いのかと最初は心配でしたが、梟谷は全国大会に出場したこともある強豪高。

確かに木兎はメンバーの全員が面倒だと思っているけど、WSとしての実力はもちろん全国でも5本の指に入る逸材でもあります。

ただ、試合中にスパイクを止められたり、上手くいかない時にやる気をなくしてしまうことも良くあったり。

そんな時に登場するのが木兎の相方的な立ち位置の重要な役割を持っている赤葦くん

いつも冷静で、木兎に対して的確に突っ込んだり的確に(?)スルーしたりと見る者を笑わせてくれます。

赤葦くんの存在が木兎のキャラとバランスを取ってチーム全体をいい感じにまとめている感じですね。

もちろん、個人的には赤葦くん押しです。(笑)


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>