21-1
出典:https://nijimen.net/topics/3338

スポンサーリンク



2016年10月から第3期アニキューの放送が始まりました!!

第2期では準決勝で青城との再戦、”狂犬”と呼ばれる京谷が新たに加わり、及川の殺人サーブもさらに進化し苦戦を強いられていました。

苦戦の結果は烏野が決勝進出を決め、そこで終わりでした。

アニキュー派からすれば続きが気になってしまうところです。

そして約半年、ついに第3期の放送が始まりました!

私は飛んで喜びましたよ♪

個性もバレーも強い白鳥沢!

21-2
出典:http://zigxzag.hatenablog.com/entry/2016/01/29/233000

決勝戦が始まるとあっという間に試合が進んでいきます。

牛島の強烈なサーブとスパイクには烏野も苦戦していましたね・・・サウスポーだし。

主将・澤村の安定のレシーブでもリベロとしてかなりの実力を持つ西谷でも舌打ちするほど取りづらいことがわかります。

牛島はバレー以外だと結構天然な一面もあったりとギャップがあったりも。

さらに白鳥沢は厄介なことにメンバーそれぞれが強いんです。

弱点はないのか!と突っ込みたくなるぐらいに。

強烈なキャラで言えば天童覚という、名前からして変わっているんですがバレーにおいても性格にもその変わっている部分が全面に出ているのがわかります。

「バッキバッキに折~れ♪」なんて歌を口ずさんでるシーンがあるんですが、やけに耳に残ってふとした瞬間に口ずさんでしまうほど(笑)

天童は直感でブロックするため「GUESSMONSTER」と呼ばれていました。

さすが強者白鳥沢!!

最強の牛島と静かな月島の戦い!

21-3
出典:http://zigxzag.hatenablog.com/entry/2016/01/29/233000

白鳥沢戦での一番の見所はなんと言っても静かに機会を伺う月島がかっこいいところ!

入部した頃はただ部活をやっていただけの月島が、こんなにも変わったのかと感動してしまいます。

試合中、絶対の自信を持つ牛島の最強のスパイクをを一度も止められない烏野。

そんな中、一人静かに月島は牛島のスパイクを止めることだけを考え続けているんです。

初めは牛島のスパイクを止めるのではなく、クロスを閉めてストレートに打たせることでリベロの西谷の視界をクリアにして打ちやすくするというもの。

あとはブロックのタイミングも計っていたこと。

一番は月島が牛島のスパイクをドシャっと止めたとき!

グッと熱くなるほど感動しましたね。

白鳥沢のセッターに与え続けたプレッシャーのお陰でトスが乱れ、その瞬間を「待ってました」と言わんばかりにブロックに入った月島が止めるんです!

止めた後、月島のガッツポーズと雄叫びは初めてでした!!かっこいい!!

見てるこっちもそうですが、同じチームのメンバー、さらに鵜養さんと武ちゃん、さらにさらに清子さんや2階席で応援しているやっちゃん達まで歓喜してましたね♪

一番感動してたのが月島のお兄さんかもしれませんが。

それでもその後は冷静な月島に戻っていたのでさすがだなって思いましたよ(笑)

見よ!進化した月島を!!

コミックスでは味わえない、動きや声での感動もあるんですよ!(^^


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>