出典:http://tukinokakera112.blog112.fc2.com/blog-entry-1741.html

スポンサーリンク



●長編物


出典:https://twitter.com/silversoul_xxx/status/695087414096719873

基本的に長編物はシリアスな物が多いですよね?合間、合間に面白い言動なんかは挟みますけど。

それが銀魂の長編を飽きさせない作りなのかも知れませんね。

このキャラが登場する話は必ずシリアスになる!!と言うのが思いつかないので、銀魂に登場するキャラは

誰でも一回はギャグに巻き込まれている状態と思っても良いですかね?

●好きなシリアスな話


出典:http://whiterainbow.jugem.jp/?eid=16&guid=ON&view=mobile&tid=3

みなさんはどの長編が好きですか?私は「吉原」が好きです。「吉原炎上」「傾城逆転」「紅蜘蛛」編が長編になるかな?

「愛染香」はシリアスと言えるか分かりませんね。

ここで他のマンガを登場させてしまうのは大変失礼なんですが・・・

Hunter×Hunterを描かれている富樫先生が「幽遊白書」連載中に「サブ・キャラに人気が出てそのキャラに話をスイッチする事がある」みたいな事をコミックか何かで言われていましたが。(年がバレますね?幽遊白書前の連載も読んだ記憶が(笑))

そんな感じで「紅蜘蛛」は月詠に人気が出たから作られたのかな?と思ってみたり。

吉原編と、言うよりは・・・月詠に関して、銀時との関係がどうなるかがを見たい部分もあるのかも知れないですね。

逆に、さっちゃんやお登勢さんみたいなキャラのシリアス物は短編でも泣けますね。

どんなシリアス物でも、誰かが亡くなる様な話じゃなければ。

●個人的にズルいと思うシリアス?


出典:https://matome.naver.jp/odai/2144767264708149701/2144767677010995403

シリアスの部類に入れて良いか分かりませんが・・・神楽のラジオ体操の話とか好きです。

後半、セリフ少ないし、ホントのラスト?まで見せないパターンなんですけど。

外道丸が結野アナにプレゼント探しに「サタン祭り」に行く話も。

後は、銀魂ももれなく、子供と動物モノが、あざとく名作(ハタ皇子は除く(笑))

そして、最後の最後でギャグにしてしまう作品(名前忘れましたか、色んな手で沖田と土方の映画のパク・・・いや、オマージュ)

●今後


出典:http://3dsxxx.biz/gintama-osusumekai

今後は嫌でも暫くはシリアス編が続きそうですよね。結構、短編を2本とかやってた頃が懐かしいです。

これだけ長く続いてた作品ですからね。また選り抜きみたいな感じで暫くアニメ出来そうなのになぁ。

スピン・オフみたいなのとか、情○大陸風にキャラに密着してみるとか。

とにかく・・・いつもの江戸の街で、万事屋としてのハッピーな終わり方で。

あ・・・忘れてた・・・もう一人、結構、人気があるのにシリアスに縁遠い扱いの人がいましたね。

次は、この人の事を書いてみたいです。(含みを持たせる)


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>