◆静寂に包まれた場内


出典:http://bzland.net/?topic=74524.0

スポンサーリンク



51話で時瀬高校が弾き終わったところでフェイドアウトしましたが、もちろん52話はその続きから始まります。

カラー表紙の7人の爽やかで穏やかな感じの絵から、『天泣』の曲がどういうものか、箏を知らない私にも伝わってくるようでした。

熱演後、言葉にならないほど感動に包まれ、会場内は静寂に包まれました。

そして、涙する人が多数……『天泣』の曲が会場内の人たちの心に響き渡った証拠ですよね。

拍手することすら忘れて、シーンとなってしまった会場の様子に、愛たちは不安を覚えてしまい、そのまま暗転してしまい、余計に不安がよぎったと思います。

完璧に弾ききったのに、何の反応もないと不安になりますから、舞台に立っている愛たちは怖かったと思います。

そして、最初に拍手をしたのが、珀音高校の澪くん!

以前から愛たちのことを気にしてはいたけれど、何処か自分の方が上だと確信していたような感じがする彼が、愛たちの演奏を完全に認めたような気がしました。

そこから、会場全体で拍手喝采!!

最高ですね。

◆誰もが認める演奏

愛たちの演奏は、審査員だけでなく、誰もが素晴らしいと思えるものになりました。

あの、堂島のおばぁ様ですら、感動して小さくではありますが、拍手を送っていたのですから、もう、彼らを認めて許してくれたと思っていいですよね。

拍手のタイミングで、光太たちは自分たちが微妙な演奏したんじゃないかって心配していましたが、晶先生の最高の笑顔と「素晴らしい演奏」という言葉に、みんな安心していました。

出来れば、滝浪先生も、もっと言葉をかけてくれたら良かったのに、やはり、滝浪先生は滝浪先生でしたね(笑)。

「まずまずだったな」って……正直でも、もっと言葉を選んでほしかった気もしますが、それが彼の優しさなのでしょうね。

晶先生に見せた、優しい笑顔が全てを物語っていました。

そして、滝浪先生のことをもう理解している武蔵には分かっているようで、可愛い笑顔で滝浪先生を見ながら微笑んでいましたね。

◆取材を是非してください!

取材で見に来ていた塚地さんもを感動させ、ある事実に気づいたことで、特集を組もうと考えてくれました。

ぜひ、特集してください!

ここまで来るのに、壮絶なドラマがあったことを、取材してほしいですね。

塚地さんがワクワクするのも、鳥肌が立ってしまうのも当然ではないかと思いますよね。

破門された鳳月と晶がタッグを組むなんて、普通はあり得ない事でしょうから。

その特集された雑誌が出たら、絶対に買います(笑)。

◆それぞれの視点から


出典:http://bzland.net/?topic=74524.0

演奏を聴いていた観客や出場者たちにスポットが移りましたが、高岡君と衣咲さんのコンビは相変わらず、良いですね。

前に衣咲さんが、高岡君に対してお母さんと呼んでしまった時を思い出しました。

高岡君は愛や衣咲さんにとって、母親のように優しく包んでくれて、いつでも自分達を見守ってくれる大事な存在なのでしょうね。

もっともっと、衣咲さんとも仲良くなって、愛と家族になればいいなと思います。

この漫画は、私の心に、グッと考えさせられる言葉が多く出てきますが、今回もそうでした。

木下さんが愛たちの演奏を聴いて感動した後、「もっと頑張ればよかった」と後悔する処で、今からでも遅くない、頑張ればいいということを教えてくれています。

私にも戻れるなら、あの時に戻って後悔しない人生を送ればよかったと思う時もありますが、今から後悔しない生き方をすればいいんだと思わせてくれますね。

愛たちの曲を聴いてみたくなりました。

曲を聞いたら、元気になって、これから頑張ろうと思えるようになるかもしれませんね。

◆筝曲部の絆と母親との再会

演奏後、実は母親が見に来ていたことを明かし、探しに行きたいと申し出る鳳月に対して、メンバー全員が探しに行こうとする姿に、仲間っていいなと感動しました。

晶先生も行くといったときは、「え?晶先生が連れてきたのではないのか??帰りも送っていくからいること知っているのではじゃないの?(笑)」と思ってしまいましたが、そこは、それでは、話的に面白くないですよね。

皆で手分けして探しに行く途中で、愛が全くの他人に声をかけたときに、顔を見て明らかに違うと感じたときは笑ってしまいました。

しかも、みっつの母ちゃんか?って……(笑)。

漸くお母さんを見つけて、泣き崩れた鳳月をお母さんが抱きしめたときは、私の目からも涙があふれて、暫く止まりませんでした。

鳳月ちゃん良かったね、お母さんと和解できて本当に良かった。

◆腐女子目線も少しだけ

52話のネタバレを含む感想をまたーりと書き綴ってきましたが、感動から少し離れて、ちょっとだけ、腐女子的な目線からも感想を。

今回は、あまり腐的な場面が少なかったので、自分の妄想が爆発してしまいました(笑)。

演奏後に、高岡君が愛たちのところに駆け寄って、「お前ら最高だったよ」と言いながら、愛に抱き着いてくれたら良いな~と思いましたが、彼はクールなので、大会が終わった後に、愛が自分の家に来ることを予想して、そこで二人で感動の余韻に浸ってくれたら良いなと思います。

そして、滝浪先生と武蔵ですよね。

アイコンタクトとはいきませんでしたが、心は通じ合っているみたいな……演奏後の滝浪先生の言葉を武蔵がちゃんと理解しているところに、ああ、愛を感じるなと思ってしまいました。

後で、滝浪が「よく頑張ったな」とか言って、武蔵の頭をポンポンと軽くたたいてくれることを願います(笑)。

単純に青春漫画というだけではなく、ここまで想像させてくれる『この音とまれ!』はやっぱり最高ですね。

次回も楽しみで仕方ありません。


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>