出典:http://ai7-map.com/matome009

スポンサーリンク



アイドリッシュセブンのストーリーには思わず引き込まれてしまいます

私がアイドリッシュセブンにハマった理由としては、キャラクターのステキさもありますが何よりも驚いたことがストーリーの作り込まれ方

主人公達は本当に売れるまで苦労していて、いつも一難去ってはまたすぐ一難とストーリーを進めるたびに彼らに驚く程感情移入してしまうのです。

まず主人公が病弱なのに無理してアイドルをしているという時点でもう見ていて泣きそうになります

しかもライバルのアイドルTriggerでさえも大人気ながら苦労しています。

九条天は完璧でいることに固執しすぎて体調を崩すし、八乙女楽は親がプロデューサーで自分たちを駒のようにしか思っていない事には反感を抱いているし、十龍之介は普段の自分と違うテレビ上の自分を恥ずかしがっているし。

こんな葛藤の中でアイドルをしてテレビの前では笑顔な彼らにだれが引き込まれないと言うのでしょうか。

今までのアイドリッシュセブンのストーリー


出典:https://twitter.com/hashtag/

またたく間に色々な事が起こる波乱万丈なアイドリッシュセブンのストーリーモード。今回は三部ストーリーが製作中とのことで、どう言う風に話が展開していくのか予想してみる事にしました。

まず一部ではアイドリッシュセブンのみんなが無名のアイドルからデビューして有名になる迄の経緯がストーリーとして語られ、最後は年末のブラックオアホワイトという番組でTriggerと対決しアイドル部門でアイドリッシュセブンが勝利するまでが描かれています。

二部はそのブラックオアホワイトで総合優勝した皆の良き先輩Re:valeとゼロアリーナという大きいコンサートホールのこけら落としをすることになったアイドリッシュセブンとTrigger。

その他に九条天と四葉環の妹を養子として迎え入れた謎の存在九条鷹匡と環の妹、理(あや)も登場します。

今まで語られていなかった皆の過去や有名になったからこその悩みなどが語られます。

三部予想


出典:http://ai7-map.com/matome009

そしてこれから三部に入るわけですが、正直どうなっていくのかあまり想像が付きません…。ですが必ず九条鷹匡はこれからかなり絡んでくると思います。

二部でアイドリッシュセブンに嫌がらせをしていたのは彼ではないかという事をほのめかす九条天のセリフが最後にありました。「ゼロが居なくなってしまった今、彼はゼロを超えるスターを育てると言いながらも、無意識にゼロになってしまうくらいゼロを求めている」と…。

このストーリーの中で最強のスターとして崇められているゼロの総合演出などを担当していた彼。かなり三部では関わって来そうですね。

あとはアイドリッシュセブンのメンバー六弥ナギと二階堂大和の過去についてもストーリー中何かあるとほのめかしながらも、全く今まで語られておりません。そちらの方も期待したいです。

あとファンの中では新アイドルグループが三部で登場するのではないか?とも騒がれています。

もう何もかも必見ですし、楽しみに三部が発表されるのを待つしかないですね。


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>