出典:http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1458274534

▼昭和元禄落語心中の原作をチェック!▼
昭和元禄落語心中電子コミック版
 

小夏は原作5巻、アニメ第一期最終話で妊娠を打ち明けますが、産まれてきた息子・信之助は父親が誰か明かされていません。

二代目助六にそっくりな幼少期


出典:http://www.pashplus.jp/anime/tvanime/5588/

二代目助六は菊比古に本名由来のあだ名で「信さん」と呼ばれているので、信之助の名前は祖父にあたる二代目助六の本名に由来しているのだろうと予想できます。

幼児期の信之助は八雲が「年々似てくる」という通り二代目助六にそっくりで、愛嬌があり寄席の売店でどら焼きをねだったりする様子も二代目助六を彷彿とさせます。

母小夏は信之助を「父・助六と養父・八雲のために作った子ども」としていますが、信之助の父親の名前は最後まで伏せられたままでした。

 

 

原作6巻のやり取りで与太郎は父親をヤクザの親分と推定


出典:http://itan.jp/rakugoshinjyu/

小夏と結婚して信之助を育てている与太郎こと三代目助六は、小夏の態度やヤクザの親分の手下で、かつて自分の兄貴分だった男の態度、そして信之助の天然パーマの髪と親分の雰囲気が小夏の父・二代目助六に似ていることなどから、信之助の父親を与太郎が昔世話になっていたその界隈を束ねるヤクザの親分であると推定、座敷に上がりこんで啖呵を切ります。

その時やその後の小夏の態度からも信之助の父親はこの親分ではないかと思わせる描写なのですが、決定的な事実は言葉にされませんでした。

実は父親が八代目八雲ではないかというファンタジー


出典:http://natalie.mu/comic/pp/rakugoshinju/page/2

最終巻で信之助はかつての八代目八雲と同じ名前「菊比古」を襲名し、話題のイケメン二ツ目落語家として活躍しています。

ここで八雲に心酔する作家・樋口が信之助の母・小夏に「実は信之助の父親は八代目八雲なのではないか」とある種の希望的ファンタジーをぶつけます。

小夏の妊娠した際の八代目の様子からすると真実ではないように思われますが、もしも二代目助六と八代目八雲の血が混ざった子どもが産まれていたならというロマンを語りたくなる気持ちは分かります。

実際、最終巻の信之助は八代目八雲の影響が色濃く、幼少期の記憶もありすっかり「八雲バカ」に育っていて、たたずまいもかつての菊比古を彷彿とさせるものです。

落語を演じるシーンも原作ではありますし、もしかしたら声も石田彰さんが演じてくださるかもしれません。

ある意味腐女子が夢見る好きCPの子どもができたような様相です。

小夏と八代目八雲の間柄は繊細にして複雑なもので、小夏も「恋と呼ぶにふさわしい」感情だったと振り返っています。信之助の父親が誰かというのがはっきりと語られていないからこそ得られるロマンですね。

昭和元禄落語心中のアニメ1期を見直したい場合

腐女子はいろいろ忙しい!

けど昭和元禄落語心中のアニメが面白い!

1期も見直したい!という人もいるでしょう。

だって昭和元禄落語心中アニメ2期、予想以上に(失礼?)面白いんですもの!!

そんな時どうするか、、、最近私がハマっているのが、動画配信サービスのU-NEXTです。

このサービスを利用すれば、スマホ・タブレット・PCのどこからでも、いつでもアニメが見れちゃうんです。

しかも、スマホで見ていたものを途中からPCに切り替えて見ることもできるので、隙間時間の活用にも便利!

私はこれを使い始めてからアニメを見るのがものすごくはかどるようになりましたよ。(笑)

今なら31日間無料キャンペン中ですので、試してみて使いにくかったら解約すればお金は一切かかりません。

今のうちに試しておく価値ありですよ!

ぜひ試しておいてくださいね(^^♪

ちなみに、昭和元禄落語心中1期は見放題コンテンツには含まれていませんので、見る場合にはポイントの購入が必要となります。

無料キャンペーン中でもお金がかかりますのでご注意くださいね!


昭和元禄落語心中の原作コミックをチェックしたい場合はこちらからどうぞ。

昭和元禄落語心中電子コミック版

 

電子書籍ストアなどに関する詳しい情報についてはこちらもチェックしてみてください。

昭和元禄落語心中を電子書籍で読んでみよう!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>