出典:https://twitter.com/hashtag/%E3%81%93%E3%81%AE%E9%9F%B3%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%82%8C

スポンサーリンク



◆待ち遠しい最新刊、発売日の予想

ついこの間、最新刊の13巻が発売されたばかりのような気もするくらい、13巻は印象的でしたが、ちょうど時瀬高校の演奏が終了したところで終わっているので、続きがすごく気になりますよね。

ジャンプSQの良いところは、最新刊の最後の話の続きがすぐに雑誌で読めるところではないかと思います。

大体、1巻に4話ほど収録されているので、4話分先と考えると、11月から2月までですので、14巻の発売日は3月あたりが妥当な気がします。

あくまでも、私の勝手な予想ですので、まだ分かりませんが…。

集英社のホームページで確認しても、SQコミックスの発売予定はまだ2月までしか出ていませんが、近いうちにでも分かると思います。

発売確定・予約受付が開始した瞬間、私は予約でポチッと電子書籍を購入していることが予測されるので(笑)、当日起きた時には、新刊が手元に届いているので楽しみです。

もちろん、紙の書籍の方も保存用として購入はします!

最近は、本体の表紙カバー裏部分も電子書籍で読めるようになったものもありますが、この音とまれ!に関しては、11巻以降のみなので、それ以前のものは紙の書籍の方でしか見られません。

隅々まで堪能したいという方には、紙書籍の方をお勧めします。

◆表紙は誰になるのか?

コミックスになるときに気になるのは、表紙の絵ですよね。

今回は、ネタバレになりますが、時瀬高校が全国行きを実現したという大きなポイントのある話が含まれていますので、私の予想としては、時瀬高校の筝曲部&先生二人の全員が集合し、良い笑顔を見せている表紙を想像してしまいます。

14巻は「この音とまれ!」の話で一番重要な巻になっていると思うので、そうであって欲しいですね。

ま、意外と鳳月ちゃんとお母さんのツーショットっていうのもあり得そうですが…。

◆14巻の話の内容予想(ネタバレ含みます)

14巻に収録される話は、本編の続きでしょうから、雑誌で続きを読んでいる私はすでにほとんどを知ってしまっています。

上記でも少し話してしまいましたが、演奏後の話がメインになります。

鳳月ちゃんとお母さんの和解や時瀬高校が全国を勝ち取ること、それぞれの高校の大会後のミーティングなどが描かれています。

まだ発売されているのは2月号までなので、あと一話収録される内容が不明ですが、おそらく全国前のブレイクタイムな内容になっているのではないかと思います。

結構、ブレイクタイム的な小話が好きなので、楽しみです。

そして、巻末漫画や裏表紙に何が描かれているのか、ワクワクしているので、早く発売日が発表になり、本を手にしたいなと思いますね。

およそあと2か月、今までのコミックスを読み返しながら、楽しみに待ちたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>