出典:https://twitter.com/amuse8

スポンサーリンク



◆明菱の桜介は腹黒すぎる

前回は明陵の桜介が出てきたところで終了していましたが、その続きという感じで、明陵の桜介と武蔵の弟・武流との絡みからでした。

何気にこの二人の絡みも好きですね。

そして、澄ましてそっけない感じを見せていますが、本当はお兄ちゃんが大好きな武流も可愛くて好きです。

武流も見に行きたかったのでしょうが、素直になれなくて結局は「気が向いたらな」としか言えないですよね…分かります、その天邪鬼な感じ。

武流がいつか素直に兄を応援できる日が楽しみですね。

そして、桜介ですよ!

全国常連校だから余裕なのかもしれませんが、いつものチャラチャラした感じから一遍、黒い一面を見せてくれますね。

時瀬を認めつつも、結局は自分たちが強いのだということをはっきり明言するあたり、ドS感満載でした。

ちょっと笑顔が怖かったです(笑)。

◆全国大会まで8か月!?

前から、武蔵や来栖は今回全国への切符を手にしなければ、一緒に全国に行けないという話でしたので間が空くとは思っていましたが、8か月も間が空くとは思いませんでした。

全国大会が始まるまで、また長くなりそうですね。

絶対にこの8か月間が簡単に進むとは思えませんので、楽しみです。

武蔵たちも、このまま突っ走ろうと意気込んでいましたが、そこはさすが先生という感じです。

彼らのことをよく理解しているからこそ、今はちゃんと休息をとるように促していました。

明陵の桜介が話していた通りコンディションの持って行き方をどうするかが重要なのですが、全国大会に行ける喜びでテンションが上がっている部員たちに、今休む大切さを教えてくれました。

部室から出た後の滝浪先生の様子を見ると、彼らの音を大切にしてくれていることが分かりますよね。

そして、顧問として彼らをどう導いていくのかもきっと、部員たちには分からないように自分の睡眠時間を削って対応していくのでしょう。

◆武蔵と来栖の進展は?

期待していた高岡君との絡みは、あっさりと終わってしまいましたが、話の後半で腐女子には嬉しい展開になっているので、それは後ほどたっぷりと語ります(笑)

すぐに2年生コンビの教室の様子に場面は変わりました。

武蔵が自分の行動を反省しているところに、ジミーズの一人・渋谷が全国大会の出場をお祝いしに来ましたね。

意外とこの渋谷もいい性格していますよ。

結構好きなタイプで、武蔵との絡みももっと見たいと思ってしまいます。

そこに、来栖たちがクラスのクリスマスパーティーの誘いをしに来るのですが…来栖の恋心は顔に出過ぎです!

あれではあからさま過ぎて、武蔵も何となく感じ始めていますよ。

二人がこの8か月間で何か進展しそうな予感もします。

来栖は可愛いので応援したい気持ちも少なからずあるのですが、腐女子の気持ちとしては、武蔵と滝浪先生の絡みを多く見たいのでどうしてもそっちを妄想してしまいます。

◆愛とおじいちゃん

愛は学校を堂々とサボっておじいちゃんのところへ全国大会出場の報告をしに行きました。

鳳月ちゃんも一緒に行きたそうな感じでしたが、完全に愛にラブになっている姿は可愛いですね。

愛は更地になり売りに出されているおじいちゃんの土地に行き、トロフィーを置きました。

おじいちゃんの幻と向かい合って座っている姿は印象的です。

そして愛の良い笑顔!

高岡君に頭を撫でられるという私の腐った妄想とは違い、おじいちゃんに頭を撫でられている気がして吃驚した愛の姿は切なくそして嬉しくありました。

やっとおじいちゃんに認めてもらえたような気がしたのでしょうか。

優しい愛の笑顔が泣きそうにも見えて、時瀬の曲『天泣』を思い出しました。

◆腐女子にたまらないシーン連発!

話の後半は、高岡君オンパレードって感じで嬉しかったです。

下校直後だったのか、制服のままのまだ着替えてもいない高岡君の家にサネ達が鍋の食材をもって登場します。

高岡君は彼らにどれだけ愛されているか分かりますね。

そして既に居る愛の姿(笑)。

このメンバーが集まって騒いでいるのがやっぱりいいですね。

高岡君は筝曲部のメンバーじゃないので、なんとなく一歩線を引いた感じがあったのですが、このシーンを見ると高岡君も仲間の一人とされていることが伝わってきて嬉しいです。

彼らを冷たくあしらう様な態度をとっているけれど、高岡君が一番彼らのことを大事にしているのが分かりますね。

そして、萌のシーンと言えばここでしょう!

ソファーに座っている高岡君の横に光太と愛が陣取り、ホラー映画を見て恐怖で二人が高岡君に抱き着くシーンですね。

めちゃくちゃ小さいコマで、しかもサラッと流されていますが、私の腐のセンサーはばっちり反応しました(笑)。

ベッドの取り合いもありましたが、結局愛が寝ていましたし。

高岡君のベッドに愛が寝ているなんて、せっかくなら一緒に寝てほしかったです。

朝起きた時の高岡君の彼らをねぎらう姿に、胸がキュンとしました…というか、高岡君の寝起き姿に萌えました(笑)。

完全に彼らのお母さん(時にはお父さん)的ポジションですね。

◆新入生歓迎会、新春コンサート

先生からの話で、これからのイベントも色々と出てきました。

新歓ということは、きっと新たなメンバーも増えそうな予感です。

1日休んですっきりした気分で一から様々なイベントに向けて再スタートという感じで55話は終わりましたが、本当にこれからの展開も色々とありそうで楽しみです。

次の話が待ち遠しいですね。


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>