出典:http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1486636284

『MARGINAL#4Kissから創造るBIG BANG』第5話「過去から妄想(もそ)るダークマター」

サブタイトルほどには黒歴史感がなかった5話。一番の萌えポイントはショタルイの可愛らしさでした。

スポンサーリンク



妄想に出てくるルイがやばい

「アイドルのお部屋紹介っていう雑誌の企画」の自室写真を選んだマジフォーの4人ですが、ルイの写真に写り込むペンギンのぬいぐるみが、「らしくない」ということで「実はぬいぐるみではないのでは」と各々妄想を繰り広げる双子とアトムの3人。彼らの妄想に出てくるルイが何かヤバ過ぎます。

まずはアトム、「一見ぬいぐるみに見えて実はルイの好物の湯葉豆腐で、夜中に急に湯葉豆腐が食いたくなっても大丈夫っていう」妄想です。ベッドの中で眠りながらぬいぐるみに微笑みつつ頬ずりするルイがとっても可愛い!提供の背景にも使われる可愛らしさで、「ん、んふ、んー、ふふ」という笑い声がたまりません。その妄想にアールが「湯葉豆腐は生ものなんだし、ベッドがぐしょぐしょになっちゃうよ」と発言。湯葉豆腐とは何かの隠語かとうっかり思ってしまいました。

エルは「子どもの頃に未来からやってきたぬいぐるみ型ロボットだった」という妄想で、ショタルイが現れます。ルイの要望「のどがかわいた」にサンジュースを、「歌が上手くなりたい」にハンディカラオケを「おえぇ」と口から出すぬいぐるみに、「サンジュース以外でお願いします」「採点機能付きでお願いします」と淡々とダメ出しするショタルイ、その後壊れたロボットを直すため数学を勉強するルイも目に光が無くて、エルのルイ像ってそんななのかと思いました。

アールの妄想はホラー仕立てなのですが、職人が入ったぬいぐるみに背後から襲われてベッドに押さえ込まれるルイが、何かヤバかったです。

ぬいぐるみの正体は「トモノリくん」

ルイがやってきて現れアトムの部屋で秘蔵のDVDをみんなで見ます。例のペンギンのぬいぐるみは、ルイが子どもの頃に好きだった子ども番組のキャラ「トモノリくん」なのだそうです。王冠や紺色がルイっぽいトモノリくんですが、「どんな場所に行っても働かないトモノリくんがゴロゴロダラダラしている」という謎キャラです。ちなみに、アトムの部屋のシーンではルイがアトムのベッドに腰かけていて興奮しました

実際のぬいぐるみが見たいという3人をルイは駅前の怪しい中古屋に案内します。青い照明の下で胸を押すと声が出るのを説明するルイ。「そうじゃない」と言葉を探しながら声を上げたアトムに続いてアールが「今度ルイくんの部屋にみんなで遊びに行ってもいい?」と提案します。対するルイは「まあ、必然性があれば」とあまり乗り気ではない声で答えます。

ルイの部屋に行こうぜ!大作戦


出典:http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1486636284

「そんなに僕たちが部屋に行くのが嫌なのかな」「ルイくんのこと良く知らないよね」と気にするアールに「ルイくんはプライベートを大切にする性格だから」とエルは理解を示します。必然性があれば部屋に行けるだろうと、3人は「湯葉豆腐大作戦」「まゆげ、涙の再会作戦」「10回クイズ作戦」「友情ギフト宅配作戦」等を実施しますがことごとく失敗、結局こっそり後をつけてルイを観察します。図書館で鉱物図鑑のビスマス結晶のページを眺めた後、小田原に行ってお城を観光、とある意味不思議な行動を取るルイ、ゲーセンでマジフォーの「UFO」の音ゲーを神プレイしている後ろ姿がルイかと思ったら綾小路くんでした、とオチがついたところでルイに気づかれます。

ここまで全く気づいていなかったんでしょうか。「悪い」と謝りつつも「必然性とか理由とかなくたって遊びに行ってもいいだろう?だって俺様たち仲間じゃねえか」と詰め寄るアトムに「仕方ありません、そんなに僕の部屋に来たいのなら」とルイは微笑んで部屋に案内してくれます。

気になる過去グループとのエピソード

部屋に呼びたくなかったのは必要以上に仲良くなると別れるときに辛くなるから、というルイ。前にいたユニットが上手くいかなかったことがトラウマになっている様子です。前のユニットでのエピソードが気になります。メンバーの感情的な行き違いで解散したのかと勝手に思っていたんですが、ただ売れなくて解散しただけで仲良かったのかなとこの話を見て思いました。

そのルイの言葉をさえぎって「馬鹿野郎!」と喝を入れるアトム、「最初から駄目になった時のこと考えてたら何も出来ないよ」とエル、「マジフォーはバラバラになったりはしない!」とアール、「ずっと4人でやっていくに決まってんだろう!」とアトム。

それを聞いたルイは「そうですね、皆さんのいう通りかもしれません」と肩の荷が下りたように微笑みます。ルイの心の扉が少し開いたようで嬉しいです。一気にルイの中の問題が解決して仲間として一体化するのではなく、関係が少しずつ進む感じがいいなあと私は思います。

子ども番組に夢中なショタルイが可愛すぎる!


出典:http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1486636284

トモノリくんのぬいぐるみはルイのお姉さんが1人暮らしをするときにメッセージを吹き込んで贈ってくれたプレゼントでした。だから姉が見たら安心してくれるのではと、わざわざトモノリくんが写った写真を選んだというルイ。回想シーンで目を輝かせてトモノリくんの番組を見る幼い日のルイが、本当に可愛いです!

ルイの雑誌記事のおかげでぬいぐるみが再販されたそうで、お礼に贈られたトモノリくん人形が事務所に山と積んであります。アトムが触ると山が崩れ、トモノリくんが床に散乱、ルイのトモノリくんも紛れてしまいます。しかし、「大切な物だから」と一発で探し当てるルイ。トモノリくんの胸を押して「頑張れ、ルイ」とお姉さんの声を再生し、「ほらね」とルイが微笑みながらウインクしてEDです。

EDはマジフォー初のソロ曲「Mr.StarrySky」

甘い声で優しいバラードがルイらしいED曲、吹っ切れたようなさわやかな笑顔で踊るルイが印象的です。

ルイのイメージカラーの紺色に星が所々にあしらわれた「StarrySky」(星空)をイメージした、王子様のような衣装とのこと。ダンスは歌い出しとサビにも作画されていてたっぷり見ることができました。

次回はいよいよユニコことUNICORN Jr.が登場です。どんな立ち位置になるのか、学校は同じなんだろうかとか、いろいろ想像が膨らむますね。楽しみです!


最後までお読みいただきありがとうございました!

記事が気に入っていただけましたら、ブックマーク・SNSでのシェアもよろしくお願いします<(_ _)>