出典:http://anime-twitter.blog.jp/archives/18055712.html

『MARGINAL#4Kissから創造るBIG BANG』第6話「ミスから強敵(ライバ)る超新星」

ユニコの3人がついに満を持して登場、アニメ内ではマジフォーとどれほどデビューのタイミングが変わらない気がするユニコですが、後輩ユニット・ユニコの魅力が目一杯描かれていた第6話でした。

制服ではなく私服での登場だったので学園シーンでの登場がこのあとどうなるのか気になりますが、今後も登場するとラジオでは話されていましたよ。

スポンサーリンク



アトム熱愛発覚?!

アトムが週刊誌にスクープされて熱愛報道されます。朝部室に現れたアトムは昨夜焼肉のアイコンをフォローしまくってスパムとみなされスキッターアカウントが凍結され、スキッターが熱愛発覚で炎上していることを知らず、記事のことも気付いていないようです。

事務所に連絡が行っているはずとルイが指摘しますが、事務所にはなぜかマジフォーから連絡が取れない状態で、アトムに恋人がいるのが真実なら脱退もあり得るのでは、「マジフォー最大のピンチ」と3人は心配します。

アトムがファンを裏切るようなことはしないはず、アトムを信じようと3人は一致団結、アトムを励まそうとルイは宇宙に関する本、エルはおまもりマリモ、アールは「ネトゲも人生もバグることがあるんだな」と心を込めて書いた色紙をそれぞれ渡します。渡すアイテムにそれぞれの特徴が出ていて面白いですが、そのアイテムで元気になれるのかは疑問です。(笑)

スクープの相手はユニコのテルマ

3人の様子がおかしいのでアトムが問い詰め、ついにアトムが記事を見ます。スクープされた相手はなんと今夜のライブでデビュー予定の後輩ユニットUNICORN Jr.の仲真テルマでした。テルマは中性的な外見なので女性と勘違いされたようです。言われてみると写真の後ろ姿に見覚えがあります。アトムはデビューに際して焼肉屋でアドバイスしただけ、とのことで他意はないようでした。

でも、デートですよね。しかも、なぜアトムに相談したんだろうとか、他のメンバーと離れてひとりで?とか気になります。後のシーンでツバサが「俺に断りもなく」と怒っていましたし、内緒なんでしょうか。

突っ走るタイプのツバサとマイペースなアルトに比べて、テルマは不安が強そうな印象はあるのでメンバーに言い出せない部分をアトムに相談したのかなと思います。アトムは具体的なアドバイスをできているようには見えなかったので、アトムよりアールとかの方が良いとなぜ思わなかったんだろうとは感じましたが。(笑)

ユニコ、参上!


出典:http://anime-twitter.blog.jp/archives/18055712.html

「空より降り立った若きユニコーン、UNICORN Jr.」のかけ声とデビューシングル「PANDORA BOX」のジャケットに似た立ち位置とポーズで、マジフォーの部室の窓からカッコ良く登場しようとしたユニコの3人。何度か部屋を間違え、最後はグダグダな登場の仕方でマジフォーの部室のドアを開けて登場します。

ラジオでアルト役の沢城さんが「ああいうことやるんだ、って意外だった」と語っていたのが印象的です。しかし、私服、ということは不法侵入のようにも思えますが大丈夫なんでしょうか。汗をかいて手であおいでいるテルマとアルトが可愛い。もらったサンジュースを飲む様子もマイペースなふたりです。

ゴシップ記事で注目を集めるなんてカッコ悪い」とツバサは怒っています。が、事務所の社長は記事を逆手にとってトラブルを引き延ばし、ライブ直前にテルマの素性を明かすという手を使ってマジフォー、ユニコ共々注目を集めるつもりです。

写真を撮られたことをアトムに文句を言うツバサを抑えようと口をはさむアルト、矛先がテルマに向かうとまた庇うように間に入るアルト、アルトは暴走しがちなツバサをセーブする役回りなのがよく分かるシーンでした。

アトムとユニコとの三番勝負

緊張しているのか落ち着きのないツバサがそれを指摘したアトムに突っかかり、ケンカが始まります。マジフォーを越える気満々のツバサは「ライブの前にユニコのスゴさ、見せつけてやろうぜ」とユニコvsマジフォーのアイドル勝負を提案します。テルマは少し不安そうです。

最初の対決はユニコのかけ声「ピュアなあなたをチェックメイト」にちなんでチェス対決です。ユニコのかけ声が聞けて嬉しかったです。マジフォー4人の「召し上がれ」も可愛い。

アトムとアルトのチェス対決は「最近チェス漫画にハマっていたので」というアルトの勝ちでした。「ルイなら簡単に勝てたのに」というエル、喜んでいるユニコの残りふたりに対して、アトム以外のマジフォー3人はそれほど悔しそうではありません。

次の対決はアトムが提案したマジフォーのかけ声「銀河の果てまでキス一丁」にちなんで「利きキス対決」です。

一緒に「喜んで」をするアルトとテルマに対し、混ざらずに吠えるツバサ、ユニコらしくて可愛かったです。目をつぶって唇に当たったものを当てる、テルマとアトムのききキス対決ですが、答えやすい問題を出すユニコのツバサとアルトに対し、アトムへ湯葉豆腐、絹ごし豆腐、沖縄名産島豆腐と連続で豆腐を出題するルイ(笑)、結果テルマは全問正解、アトムは全問不正解でした。ちなみに私は出題するアルトの手が男らしくて大きいのに萌えました

スポンサーリンク



負けが続いたアトムが「最終対決は勝った方が一万点」これが芸能界のルールだと先輩風を吹かせて宣言、ユニコは「勉強になる」と素直に納得します。

内容は「本気のキス対決」をアトムが提案。古代の数学者ピタゴラスの石像を相手に告白とキスをして銀河に届いた方が優勝というルールです。

アトムのシチュエーションはデート終わりに噴水の前で星を眺めながら流れ星に願をかけるというもの、ツバサのシチュエーションは雨の中の別れ話から「愛されてる自信がない」と言う相手に対し「今すぐ信じさせてやる」とキスをするというものでした。

マジフォーとユニコのファンに対する立ち位置を反映しているようなシチュエーションですが、アトムと間接キスになると直前で気づいたツバサは石像にキスが出来ず、勝負はアトムの勝ちということになりました。

告白演技自体はツバサの方が迫真に迫っていたような気がしたのでもったいないですが、そもそもツバサが気にせずにキスした場合どうやって勝敗を決めていたんでしょうか。銀河に届いた方って一体…。

移動中の車で不安そうなユニコ

張さんが車で迎えに来て、ユニコのデビューライブへ向かいます。会場のコンコースに大勢のマスコミが集まっていると聞いて、表情の固いテルマがひざの上で握った拳を震えさせます。同じく不安そうな表情ながら視線をやってテルマを気づかうアルト。並んで座るふたりが無言のまま緊張を分け合う様子が何だか良いです。

リジェフェスでユニコの初ライブのときテルマ役の染谷さんとアルト役の沢城さんがすごく緊張してテンパっていて、ツバサ役の蒼井さんがひとり頑張ってまとめていたという話を思い出しました。ちなみにユニコの声優さんは3人同い年だそうですよ。そのせいもあって他のユニットにはないフレッシュさがありますよね。

そんなテルマとアルトにそれまで緊張した様子だったツバサは前の席でひざ立ちして後ろを向き「大丈夫だって。俺たちのステージは車を降りたところから始まるってつもりで行こうぜ」と笑顔を見せて励まし、ユニットを引っ張ろうとする気概を見せます。後輩の様子を見てアトムは自分たちが先に降りると宣言、また邪魔をするつもりかと不平を言うツバサに、「悪いようにはしない」と言います。

地下駐車場に到着した車からまずマジフォーの4人が降り、ユニコを紹介します。「ツバサの天才的な歌声、アルトのキレのあるダンス、テルマのピュアな存在感」とユニコの魅力を端的にマスコミに紹介したマジフォー、美味しいところを持って行かれたと拗ねるツバサの顔をのぞき込み、アトムは額を人差し指でツンとついて「こっからはお前が引っ張れ」とバトンタッチして去って行きます。

デビューライブの様子がEDで


出典:http://anime-twitter.blog.jp/archives/18055712.html

マジフォーと同じように舞台裏を走る描写からステージへ、「ピュアなあなたをチェックメイト」の決め台詞にファンが「召し上がれ」と答えた後EDへ、サイリウムが振られる中でのデビューライブの様子が映し出されます。

ED曲はUNICORN Jr.の「REAL?」です。テクノポップな曲調と照明がカッコ良いです。ダンスも思ったよりたくさんしっかり作画されていて、とくにアルトのダンスは他のふたりよりもキレがあるのがハッキリ見て取れるのがスゴイなと思いました。

7話も楽しみです!(^^