ここではグットモーニングコールの単行本6巻の内容を記述しています。ネタバレに注意して下さい。

☆グットモーニングコール主な登場人物☆

グットモーニングコール6巻の内容の前に、6巻に登場する登場人物を簡単にまとめておきます。

・吉川菜緒(よしかわなお)

連載開始時は中学3年生だったが、6巻では高校生になっており、久志と同じ久保校に通っています。

・上原久志(うえはらひさし)

菜緒の同棲中の彼氏でかなりのイケメンに加え秀才

学費や生活費を全てバイトの掛け持ちで賄っているいわゆる苦学生ですが、本人はそれを自覚していないようです。

・紺野まりな(こんのまりな)

菜緒の親友で、イケメンチェッカーの名を持つかなりのイケメン男子好き

同じ久保校に通い、高校進学を機に彼氏のみっちゃんとは少しずつ距離が生まれていきます。

・光石(みついし)

まりなの彼氏であり、中学からの菜緒の友達、通称みっちゃん。

実家は医者の家系で、自身もかなりの秀才である。

・阿部順(あべじゅん)

自称久志の親友と豪語しているものの、久志からは全くと言って相手にされておらず、女の子に惚れっぽい性格の持ち主。

連続失恋記録更新中だが、友達以上恋人未満のような関係の大石つかさの存在があります。

・大石つかさ(おおいしつかさ)

バレンタインに突然阿部に告白し交際するものの、その1ヶ月後に家庭の事情でイギリスに引っ越してしまうお嬢様。

遠距離になっても、阿部とは文通で交流が続きます。

・上原百合(うえはらゆり)

久志の義理の姉で、通称ゆりりん。

久志が6年間片思いしていた相手だが、今は吹っ切れている様子で、菜緒とも仲良しです。

・北浦希(きたうらのぞみ)

菜緒の高校からの友達で、そのルックスから女子からもモテモテの女の子。

小学校時代からの久志への因縁があったものの、今は昔ほど敵視しておらず、久志とも交流を持っている。

・浅井さん(あさいさん)

百合が以前取材した美容師さんで、菜緒にカットモデルを依頼します。

・晴日(はるひ)

浅井の彼女。菜緒に少し似ている所があります。

・佐多一星(さたいっせい)

ラーメン『一番星』の一人息子で、常連さんからはいっちゃんと呼ばれ愛されていますが、かなり仕事には厳しい一面もあります。

☆グットモーニングコール6巻の内容☆

単行本6巻には、集英社発行の雑誌『りぼん』にて、1999年10月号~2000年2月号に掲載された分が収録されています。

6巻収録分のみのネタバレになりますので、ご了承ください。

6巻はまりなとみっちゃんが付き合う事になったエピソードから始まります。

クリスマスの日、家の前で突然告白されたまりなは、驚きながらもみっちゃんと交際を始めますが、高校は別々で少しすれ違い気味でした。

菜緒に付き合う事になったいきさつを話している今も、実はみっちゃんと喧嘩中で、まりなはつい別れを口にしてしまいます。

そんな二人の元に浮かれた様子の阿部っちが現れ、遠距離文通中の大石つかさが一時帰国する事を教えられます。

まりなは遠距離でもめげずに思い続ける阿部っちの姿を見て、自分がわがままだったのではないかと思い始めます

そんな時、習い事から帰ると家の前でみっちゃんが待っており、理由を聞くと菜緒から別れ話の事を聞いて慌てて会いに来たと言うではありませんか。

別れ話は冗談だと聞き、安心したみっちゃんの様子を見てまりなは嬉しくなり、無事に二人は仲直りするのでした。

ある日、菜緒は久志と百合と一緒に買い物に出かけ、そこで偶然会った美容師の浅井を紹介されます。

菜緒の事を見て、顔色を変える浅井に、久志は少し違和感を覚えますが、その日はそのまま別れ、後日菜緒へ浅井からのカットモデルの依頼が入ります。

その話を聞き、あからさまに不機嫌になる久志でしたが、そんな事を知らない菜緒はカットモデルを快諾してしまいます。

しかも、久志の誕生日を間違えて覚えていた菜緒は、本当の誕生日の日にカットモデルの練習の為、浅井に会いに行ってしまいます。

ドジっ子ですね。。(笑)

帰宅後、久志の機嫌が悪い理由が分からない菜緒でしたが、次の日、まりなから昨日が久志の誕生日だった事を教えられ、大慌てです。

家に帰り、すぐに久志に謝罪するも、久志との間に溝は出来たまま・・そこでプレゼントで挽回しようと希と一緒に何が良いかと探し回りますが、なかなかピンと来る物が見つかりません。

そこで思い付いたのが、愛のこもったキスでしたが、久志は即却下。

プレゼントをまだ渡せずに居た菜緒でしたが、久志との一件もあり、カットモデルを断る為に浅井が勤める美容院に行くと、そこで『晴日』という女性に間違われます。

そう、晴日とは浅井の遠距離中の彼女で、その彼女に菜緒が似ていると言うではありませんか。

時を同じくして、久志がバイトするコンビニに奇妙な女性客が現れます。

その女性はおにぎりコーナーから長い時間動かず、ずっと独り言を呟いており、周りのお客さんも気味悪がって近づけなくなっていました。

先輩から頼まれた久志が女性に声を掛けると、女性は貧血を起こして倒れてしまいます。

何やら事情がありそうなこの女性、実は浅井の彼女の晴日だったのです。

成り行きで晴日の事を浅井の美容院まで案内する事になった久志は、そこでカットモデルを断りに来ていた菜緒に会います。

彼女の為にお店を退職しようとしていた浅井の話と、お見合いさせられそうになり家を飛び出してきた晴日の話を聞いた久志は、近くにいて菜緒と一緒に暮らせる幸せに気づくのです。

誕生日プレゼントをキスでチャラにした久志の気持ちをいまいち菜緒は理解していないようですが、何はともあれ二人は無事に仲直りするのでした。

それからしばらく穏やかな時間を共有するかと思いきや、パソコン購入を目指す久志は、前にも増してバイトを密に入れ、かなりのハードスケジュールをこなす日々。

久志と一緒の時間を過ごせない菜緒は、自分もバイトをしようと考え、バイト先を探しますがなかなか良い所が見つかりません。

そんなある日の帰り道、求人雑誌を片手に歩く菜緒は、信号が変わったことに気づかず、バイクと接触しそうになります。

怪我は無かったものの、バイクを運転していたのはラーメン屋『一番星』の一人息子『一星』で、出前途中のラーメンとどんぶりをダメにしてしまいます。

しかも、そのどんぶりは近所じゃ有名な資産家が特注で作らせた物で、弁償代は130万円だといわれてしまい、途方に暮れる菜緒。

そこへ一星の父親が様子を見に来ますが、その姿が病弱な父親を支える孝行息子に見えた菜緒は、130万円を弁償するため一番星でのバイトを志願するのでした。

初めてのバイトに張り切る菜緒でしたが、服装からダメ出しをくらい、なんと一星のあずき色ジャージにエプロンという何とも情けない姿で働く事になってしまいます。

こんな姿知り合いには見せられない、特に久志には・・と嘆く菜緒に元に、まりなとみっちゃんが様子を見にやってきます。

二人にはここでバイトしている事は久志には内緒にするようにお願いし、久志からバイトの事を聞かれてもカフェでバイトしていると嘘をついてしまいます

そんな菜緒の様子を不思議に思った久志は、菜緒がバイトしているというカフェに偵察に向かいますが、もちろんそこに菜緒の姿はありません。

久志が偵察に行った事など全く知らない菜緒の元に、大家のおばあちゃんの家から出前注文が入ります。

始めは出前に行くのを拒む菜緒でしたが、そんな言い訳は一星には通用する訳は無く、渋々配達に向かう事に・・

大家のおばあちゃんにも必死に口止めをして急いで戻る菜緒でしたが、なんとおばあちゃんの家には久志が遊びに来ていたのです。

タッチの差で二人は顔を合わせませんでしたが、ラーメンを食べながら久志は菜緒のバイトの事をおばあちゃんに相談し、嘘をつく理由は案外大した理由ではないかもしれないと助言を受けます。

しかし、菜緒に対する不安を払拭出来ずにいる久志・・二人の関係は一体どうなってしまうのでしょうか。

他人が聞けば些細な事かもしれないけれど、当人同士には大きな壁になってしまう小さなウソ。

いつもみたいに仲直りできるのか、このまま溝が深まってしまうのか、お話は7巻に続きます。

余談ですが、今後の展開が気になる6巻の終わりの久志の表情は個人的にツボでした。(笑)

☆グッドモーニングコールを電子書籍で読もう!☆

グッドモーニングコールはコミックス版が絶版になっていて、書籍としては文庫版のみが書店に置いてある状況です。

ただ、書店でもかなり大規模なところに行かないと見つけるのは難しいかもしれません。

そんなグッドモーニングコールを、今すぐ読めちゃう方法、それが電子書籍の利用です。

電子書籍であれば、昔のマンガも検索一発で見つけることができ、その場すぐにダウンロードして読み始めることが可能です。

私は正直、電子書籍を利用し始めて自分のマンガライフが激変しましたね。

だって、思い立ったらすぐダウンロード!できちゃいますから。

読みたいマンガの消化がはかどる反面、お財布と相談する機会も増えました(^^;

スマホでいつでもどこでも読めちゃうのでマンガ読書がはかどります。

一押し電子書籍ストアをランキングしてみましたので気になる方はチェックしてみたください。

腐女子におすすめの電子書籍ランキング!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!