出典:http://www.movic.jp/shop/g/g02718-00240-00001/

「プラナス・ガール」という作品の魅力のひとつとして、ラブコメディを謳いつつも、ここで出てくるラブラブカップルはみな世間的に一般的とされる男女のカップルではないことが挙げられると思います。

紫苑と佳奈

作品中で、もしかして一番カップルとしてイチャイチャラブラブしているのでは…!?という二人。
第29話『激走!文化祭ウエディング・ラン?(前編)』で、「やっぱりウエディングドレス着てみたいの?」と尋ねた紫苑に対して、佳奈が「いつか貴女と一緒に着てみたいわ」と答えたのに死ぬほど萌えました。
貴方と一緒に、と言うところがいいですよね!

それから第40話のクリスマスパーティーで、門山のおかげで(?)うっかりアルコールを飲んでしまったときの積極的になっている佳奈を見て「あれ、紫苑×佳奈だと思っていたけど違うのね、そっちなのね…!!?」と私はひとりでテンション上がっていました。
寮での同棲設定も最高ですね。

この二人とのんちゃんとの絡みもいいですよね!

賢と恵

いわゆる近親恋愛な笹木野姉弟。
個人的な見解ですが、双子の姉の恵が一方的に弟の賢のことを想っていて、賢は恵の気持ちに気付きつつ、それを受け入れようとしている、そんな風に感じられました。
すごく応援したくなる二人ですよね!

蘭と絢子

アダルト枠だと勝手に思っています。

乱橋代理理事と神高先生。
生徒の前ではクールで厳しい神高先生ですが、蘭と二人きりのときデレるのがいいですよね…。
ツンデレ?というよりクーデレですよね、最高です。

槙と絆

いわずもがな、「プラナス」ベストカップル賞であろうおふたり。
付き合ってもいないのににじみ出る、堂々たる夫婦感。
一緒にいるのが当然となっていて、だがしかし付き合ってはいない、という関係がすごく好きです。
いやもちろん二人がくっついて、正式にお付き合いすることとなってもおいしいのですが…!!

後半はもう、絆が槙の寮の部屋に当然のように居座っているのがとても微笑ましいしにやにやしちゃいますね。
また、普段は槙にちょっかいを出したりあざとくからかったりする絆ですが、いざ槙の方から攻めると、目をそらしたり赤面しちゃったり、恥ずかしがっている姿を見せるところがすごく萌えます。

余談

紫苑に恋に落ちてしまったのんちゃんも、槙のことを秘かに想うあさみも、何らかの形で幸せになってほしいです…!
門山は……どうかな……。

プラナスガールを電子書籍で読もう!

女装男子が繰り出す萌え萌えきゅんきゅんなエピソードに加え、腐女子的においしすぎるシチュエーション目白押しのプラナスガールですが、電子書籍を活用すれば今すぐに読み始めることが可能です!

この記事を読んでいただいてプラナスガールのときめきを思い出した方、プラナスガールが気になりだした方、今すぐ電子書籍で読み始めてしまってはいかがでしょうか!?(笑)

電子書籍のすごいところは、ほぼ確実に無料試し読みが途中までできるようになっているところ。

一巻の冒頭だけでも覗いておく価値はあると思いますよ(^^♪

私も使っている腐女子的オススメ電子書籍ストアをご紹介しておきますので、ぜひ活用してみてください。

なぜオススメかについてはこちらの記事で書いていますので、気になる方はこちらもどうぞ~。

腐女子におすすめな電子書籍ストアランキング!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。