出典:http://b9life.hatenablog.com/entry/2017/01/07/035544

八雲や与太郎の魅力が強く、そちらばかり目立ちますが「昭和元禄落語心中」はそれらメインキャラクターを支えるサブキャラクターも個性的で魅力的です。

そんなサブキャラクターの中から一番知って欲しい器用貧乏なイケメン落語家、四代目 円屋萬月をご紹介したいと思います。

《CVは京都出身の遊佐 浩二さん》

声優は遊佐 浩二さん。

遊佐さんといえば胡散臭い声に定評がある大物声優さんです、すいません個人的感想です(笑)

代表作はBLEZCHの市丸ギン銀魂の東城歩など、イケメン青年から色物キャラまで幅広くこなします。

腐女子でなくとも色々とお世話になった記憶しかありませんよ。

そんな遊佐さんに円屋萬月はまさにはまり役かと。

上方落語にあう飄々とした京都弁、冗談か本気か分からない口調のとやわらしい声の中にどこかドスが効いていて迫力もあります。

まさに「遊佐さんでよかった」と思うキャスティング!アニメスタッフの皆さん有能すぎます!

《大物落語家の父を持つサラブレット》

円屋萬月、与太郎からは萬月兄さんと呼ばれているように、落語の世界では年上(先輩)にあたる存在です。

父は落語家であり、上方落語(大阪・京都を中心とする地域で主に演じられる落語)界の重鎮の円屋萬歳(つぶらや ばんさい)。

総勢100人の弟子を抱える大物であり、八雲とは正反対な私生活と言ってもいいでしょう。

しかし、八雲が自身のネタに加えてさらに練り上げたほど絶品とされる怪談噺「応挙の幽霊」が得意であり、八雲も尊敬していた落語家の一人でした。

高齢で体力が衰えても高座に上がる姿は流石でしたが、ずっと傍で見ていた息子にはそんな痛々しい姿が耐えられなかったと発言しています。

だからこそ、父が死んでからは落語とは一線を置くかのような形でテレビ番組の仕事についていました。

《落語家だった時代》

父親が死ぬまでは小さい頃に出会った八雲の惚れ、ずっと八雲の弟子になりたいと懇願していました。

その度のれんに腕押し、まったく手ごたえ無く断られていましたが八雲は弟子を取らないことで有名でしたので、ある意味萬月の中でも諦め半分の口説き文句だったんじゃないかな?と思えます。

しかし、そこにひょっこり落語が好きだという理由だけで八雲の弟子になった与太郎が現れます。

この時の萬月の心中は・・・語るまでもないでしょう、お察しします兄さんドンマイです(涙)

まぁ八雲本人が決めたと言うのだからしょうがない、と与太郎に突っかかりながらも納得しようとした矢先にあの与太郎高座居眠り事件が発生します。

流石の兄さんもブチ切れです、「やっぱりあんさんにあの人の弟子やなんて名乗ってほしないわ」と与太郎に追い討ちをかけるシーンは、八雲に長く片思いしていたからこそ重みの有る台詞でした。

そして京都弁だから怖さ倍々でした(笑)

《一番欲しいものは手に入らなかった人生》

一時期、父親の死をきっかけにテレビ番組の仕事についていた兄さん。

しかし、「モテようと医学部に行っていた」との発言があるため、なにげに経歴が凄いです。

落語家の息子として生まれる→落語家になる(この前後に医学部に行っていた)→テレビ関係の仕事に付く(羽振りが良い)→再び落語家へ。

しかも元レースクイーンの美人妻までゲットしているのですよ、明らかに勝ち組人生なんですよね。

ですが、一番なりたかった八雲の弟子にはなれなかった、才能も環境も恵まれていただけにどこまでも器用貧乏なイメージがあります。

《落語家であることを選んだ》

そんな兄さんですが、八雲が倒れ落語人気が下火になってきた頃、再度落語家として戻ってきます。

兄さんなりに与太郎の真打昇進や樋口先生との出会いで落語を生かす道へ、考えが代わってくれたと信じています。

上方落語は上方言葉という兄さんが喋ってる言葉で表現するので普通の落語より会得するのが難しいとか、それを10年ぶりに寄席で披露しようと仕事を辞めて決意した心意気はかっこいいです!

《八雲が萬月に残したもの》

アニメ版ではカットされていましたが、八雲が倒れ旅館での組長逮捕騒動があった直後ぐらいに、萬月兄さんは「八雲師匠に「応挙の幽霊」の稽古をつけてもらった」と言っています。

それも3時間みっちり手取り足取り・・・!樋口先生で無くとも羨ましさで悶えます。

稽古をつけてるシーンはマンガ版でもひとコマだけでしたからアニメカットもやむなしでしたが、貴重な兄さんの見せ場だったんですけどね(笑)

しかし、あれだけ「落語と心中」したがっていた八雲が「上方落語を残すために稽古を付けた」と言うのは矛盾します。

このあたりではもう八雲の心境が変化していたからだと思いますが、そんな時に落語家になっていて兄さんは良かったね!と拍手を送らざる終えません。

数十年後に与太郎が九代目八雲を襲名し、陽気な八雲が誕生してしまったことにずっとイライラしていましたが、兄さんらしい反応で安心しました。

最初から最後までサブキャラクターの粋を出ませんでしたが、居ないと物語が成立しない重要で魅力的なキャラクターのひとりです。

昭和元禄落語心中のコミック版もオススメ!

この記事でも少し触れましたが、アニメはどうしても尺の関係もあり、原作で描かれていた部分がカットされてしまうことがあります。

ただアニメでハマって原作にはまだ触れていない方であれば、原作もチェックしたくなりますよね。

原作の雰囲気だけでも手軽に味わいたい、そんな欲望を満たしてくれる方法があるのをご存知でしょうか?

その方法は、電子書籍ストアで無料試し読みをしてみることです!

電子書籍は試し読みができるし、購入したらその場ですぐダウンロードして読み始められるので、私も重宝しています。

現代の腐女子には必須アイテムだと勝手に思っているくらいです。(笑)

私的に腐女子におすすめの電子書籍ストアebookjapanをご紹介しますので、ぜひのぞいてみてください(^^♪

電子書籍ストアについてはこちらの記事で詳しく書きましたので、詳しく知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

腐女子におすすめの電子書籍ランキング!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。