出典:http://tokyomangalab.com/?interviews=tomoki-matsumoto

こんな可愛い子が男の子のわけないじゃないか!
というわけで「プラナス・ガール」のヒロイン(?)女装男子の藍川絆ちゃんの、いいなと思うポイントについて紹介します!

小悪魔的!

恋愛においてやり手な女性に対して小悪魔的という表現がありますが、読んでいて絆ちゃんはまさに小悪魔的だなって、小悪魔的ってこういうことを言うんだ!と、感じました。

第1巻の第1話『桜舞う中で出会った少女?』では初っ端から、本当に女なのか疑う槙に対して

「なんなら、触って確かめてみる?」

「お好きなところをどーぞ」

と迫ったり、
(その後、槙の飲んでいたいちごミルクをひょいと取って飲みながら去って行くのもいいですね!)

第2話『ドキッ☆男だらけの海水浴?』では海で「パーカーの下は何も着けてないんだよ」と槙の前で胸元をひらひらさせたりと。
すっごく思わせぶりな言葉、仕草が最高ですね。

押しに弱い?

いつも槙にちょっかいを出したり、時には誘惑していったり(?)する絆ですが、実は攻められると弱いという一面も!

第1話で絆がプリントを運んでいるのを手伝う槙が、落ちていたプリントで足を滑らせて絆に覆いかぶさってしまったときの、反応が本当にかわいくって。
赤面して、「本当に押し倒すなんて…」だなんて、もう見ているこっちがどきどきしますよね…!

第3話『槙のささやかな抵抗?』で、槙は「絆にからかわれないようにするにはどうすればいいか」という相談を笹木野に持ち掛けます。
そして笹木野の「逆にこっちが強気で攻めることだ」というアドバイスの元、行動に出るわけですが…。
こう、普段は自分からグイグイ行くのにいざ相手から迫ってくると黙って赤面したりするのがすごく良いですね、ギャップ萌えですよね!

第28話『ちょっと早い生徒会室での文化祭?』でも同様に、ウエディングドレスを着た絆に対して、「キレイだよ」とうっかり本音の方を口に出した槙に対して赤面しちゃうところがとてもかわいかったです。

明るく素直

好きな人(?)に対しては小悪魔的な仕草や言葉で策士となる、魔性の女(?)とも言われる絆ですが、性格は腹黒というわけでもなく、意地を張ったりするわけでもなく、素直ないい子だなあという印象です。
絆が男女ともに人気があるのも、外見ももちろんですが、そういう人間性が周囲の人間を惹きつけるのではないかなあと感じました!

プラナスガールを電子書籍で読もう!

女装男子が繰り出す萌え萌えきゅんきゅんなエピソードをここまで堪能できる作品はほかにないのでは!?と思えるほどの字破壊力を持つプラナスガールですが、電子書籍を活用すれば今すぐに読み始めることが可能です!

この記事を読んでいただいてプラナスガールのときめきを思い出した方、プラナスガールが気になりだした方、今すぐ電子書籍で読み始めてしまってはいかがでしょうか!?(笑)

電子書籍のすごいところは、ほぼ確実に無料試し読みが途中までできるようになっているところ。

一巻の冒頭だけでも覗いておく価値はあると思いますよ(^^♪

私も使っている腐女子的オススメ電子書籍ストアをご紹介しておきますので、ぜひ活用してみてください。

なぜオススメかについてはこちらの記事で書いていますので、気になる方はこちらもどうぞ~。

腐女子におすすめな電子書籍ストアランキング!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。