☆グットモーニングコールは全部で何巻?☆

グットモーニングコールは、集英社の『リボン』にて、1997年9月号から2002年4月号まで連載されていた漫画で、単行本は全11巻、文庫版は全6巻刊行されています。

単行本は既に絶版になっているらしく、新品で全巻揃えるのは難しい状況のようですが、文庫版については、全巻揃える事は可能です。

全11巻を全6巻に凝縮しているので、1巻当たりのページ数はボリュームがありますが、漫画の内容以外にもお楽しみは、高須賀由枝先生の柱です。

文庫版で新たに書き下ろされていますので、そちらも全巻集める価値あるポイントですね。

☆グットモーニングコール全巻の簡単な内容☆

グットモーニングコール全11巻のおおまかな内容を説明します。

ネタバレ含みますので、ご注意くださいね。

・①巻 1997年9月号~12月号掲載分

中学3年生の夏休みから家庭の事情で一人暮らしを始める事になった吉川菜緒は、親友の紺野まりなと遊ぶ計画を立てたりと浮かれていました。

しかし、新居のアパートで引越し業者を待っていると、そこへどこか見覚えがある男性が入ってきて、ここは自分の部屋だと言われ、菜緒は部屋から追い出されてしまいます。

お互いここが自分の部屋だと譲らない二人ですが、そこへ二人分の荷物が運び込まれ、困った二人は不動産会社へ確認に向かう事にしますが、時すでに遅しで、何と不動産屋は閉店していました。

悪徳業者に引っかかり、成す術が無い二人は、とりあえず大家さんに事情を話しに行き、そこで菜緒は、ダブルブッキングの相手が同じ中学の上原久志だという事に気付きます。

お互い知り合いのようだし、大家さんからの『一緒に住む』と言う提案に安易に乗った菜緒は、泣き落としで久志を納得させ、突然の同居生活が始まる事になりました。

次の日の朝、目覚ましが鳴ってもなかなか起きない久志を起こしに行くと、何と『百合』と言う人と間違えて菜緒はキスをされてしまいます。

出だしから何だか穏やかな展開ではありませんが、その後も二人はちょっとした事で喧嘩ばかりの毎日。

そんなある日、バイトで生計を立てている久志が過労で倒れてしまい、久志の実家に連絡すると忙しい兄に代わって現れたのは義理の姉の『百合』と言う女性でした。

あのキスの時呟いていた相手がお兄さんの奥さんだと驚く菜緒でしたが、何やら複雑な事情がある様子で、久志は詳しく話そうとしません。

そこで菜緒は直接話を聞こうと百合の勤め先を訪れ、百合は久志の初恋の相手で、家出して一人暮らしを始めたと聞きます。

何だか久志が気の毒になった菜緒は、久志と仲良くしようと努めますが、学校では話し掛けるなと言われてしまうのでした。

・2巻 1998年1月号~5月号掲載分

久志に冷たくあしらわれても懲りない菜緒は、他人のふりといわれたのにも関わらず、久志の元にお弁当を届けに行ってしまったから大変です。

実は、久志は学校の人気投票で前人未到の3連覇を成し遂げた『御三家』と崇められる存在で、女子達の間では絶対に独り占めしてはいけないという掟もあるほど。

二人で一緒に居る所を、久志のファンに見られた菜緒は呼び出しを受け、数人の女子から追及を受けてしまいます。

そこへ騒ぎを聞きつけた久志が駆けつけ、付き合っていると宣言し、同居のカモフラージュの為に付き合っているふりを始める事になるのです。

始めは何とも思わなかった菜緒も、付き合うふりを続けるうちに久志に対する気持ちに変化が現れるように…。

そんな時、久志のバイト先の店長の娘『ななこ』に同居の事がバレてしまい、口止めのお願いとしてマンションに招くことになったのですが、ななこは久志の事がお気に入りで、何かと菜緒に嫌味を言ってきます。

そのななこの存在もあり、菜緒は久志の事が好きだという事を自覚し、久志とラブラブになるべく色々と作戦を練りますがことごとく不発に終わり…。

するとある日、菜緒は『阿部順(通称阿部っち)』という男子生徒からラブレターを貰い告白されますが、久志と付き合っているからと断ります。

しかし、友達の『みっちゃん(男)』がうっかり阿部っちに二人は付き合っているふりだという事を話してしまい、追及を受ける菜緒は、人目を気にして勢いでマンションの中に招き入れてしまいます。

正直に自分の気持ちを話し、阿部っちが帰った部屋にはまだ人の気配がし、振り返るとそこには久志の姿が!!

微熱があり大事を取って休んでいたことを知らなかった菜緒は、話を聞かれたと焦りますが、久志は阿部っちを諦めさせるための嘘だと思い込み、本当の菜緒の気持ちには気づいてもらえないままなのでした。

・③巻 1998年6月号~10月号掲載分

クリスマスが近づいてきて、菜緒のラブラブ作戦は相変わらず継続中でしたが、久志は学校の外では付き合っているふりは不要だと取り合ってもらえません。

しかし、このころには徐々に久志の気持ちにも変化が現れ、菜緒が阿部っちと仲良くしていると何だか面白くない模様。

クリスマスも休みを取ってくれて、デート出来る事になり浮かれる菜緒でしたが、浮かれすぎて当日は風邪で寝込んでしまいデートはおあずけに…。

その頃学校では進路を決める時期に入り、菜緒は進学先を決めなければならなくなるのですが、同居の条件として、高校は寮に入るから長くても同居は半年と久志に宣言した事を忘れていたのです。

一方の久志はそれを覚えており、引っ越し先を捜している様子に焦りを覚える菜緒は、卒業までに何とか恋人になりたいともくろみますが、なかなか上手くいきません。

菜緒は久志と同じマンションに引っ越そうと思い立ち、久志が見つけた候補をメモしようとしますが、久志に見つかり険悪なムードに…。

結局単なるすれ違いだったことが判明し、4月からも一緒に暮らす事にした二人でしたが、ある日、百合が旦那と離婚すると言い、二人のマンションにやってきます。

久志の兄『卓也』が浮気していると誤解し、勢いで阿部っちとデートしたりと、自暴自棄になりかけていた百合でしたが、菜緒の『久志の気持ちを知ってて結婚した』という言葉に冷静になり、騒ぎは収束。

お詫びに百合は菜緒と久志の中を取り持とうと、菜緒が隠れている事を久志には告げずに、菜緒に対する気持ちを聞き出そうとします。

すると久志はあっさり菜緒が好きだと認め、菜緒は久志から正式の告白されます。

・④巻 1998年11月号~1999年3月号掲載分

突然の久志からの告白に驚きながらも喜びを隠せない菜緒でしたが、浮かれるあまりまだ正式に返事を出していない状況にありました。

その頃世間はバレンタイン真っただ中という事もあり、菜緒は本命チョコを渡して無事に気持ちを確かめ合えた二人。

同じ頃、阿部っちにも驚きの展開があり、何と本命チョコを貰ったと報告され、相手の女の子に会ってみると、お嬢様学校出身の正真正銘の美女。

初めての彼女にもちろん浮かれる阿部っちでしたが、実はある事情があり、その子は1ヶ月後にイギリスに引っ越す事が決まっており、期間限定の彼女だったのです。

イギリスに旅立つ前の日は、学校をさぼって1日デートを満喫し、二人は離れ離れになってしまうのですが、事情を知らない周りの友達からは、結局遊ばれただけだと思われてしまう阿部っちなのでした。

そして舞台は中学から高校へと移り変わり、菜緒達は無事に久保校に進学し、高校生活をスタートさせます。

しかし、入学早々『新入生人気投票』の件で喧嘩してしまった菜緒達は、久志が書き直したアンケートに彼女がいないと書いてしまったから大変です。

久志はたちまち有名になり、言い寄る女子も増え、菜緒はなぜか阿部っちと付き合っていると勘違いされるし、久志を目の敵にする『北浦希』の存在もあったりと、何だか波乱の予感がする高校生活が始まったのでした。

・⑤巻 1999年4月号~1999年9月号掲載分

ある日菜緒は、マンションで同じ高校の先輩と遭遇し、その人が北浦と従姉妹だという事から仲良くなります。

先輩は香織と言い、彼氏が菜緒達と同じマンションに住んでるという事から、一緒に住んでることを見破られてしまいます。

しかし、香織の彼氏はかなりの浮気者で、何股もかけまくる最低な男なのに全てを知っていても香織は別れる事が出来ずにいました。

本当は菜緒達みたいな恋愛がしたいと思っているのに、そんな先輩を救ってあげたいと阿部っちの惚れ癖が発動しますが、あっさり彼氏と仲直りした先輩に振られてしまう阿部っちなのでした。

・⑥巻 1999年10月号~2000年2月号掲載分

久志の誕生日が近づいてきたある日、菜緒は百合の知り合いの美容師浅井さんからカットモデルを頼まれます。

その美容師の事を良く思わない久志でしたが、菜緒はそんな事に気付かずカットモデルを引き受け、さらには久志の誕生日を10日間違えるという大失態。

勘違いしていたことを謝り、プレゼントで挽回しようとする菜緒でしたが、なかなか良いものが見つらず途方に暮れていましたが、何と久志からのキスでチャラにしてくれるというなんだかいい雰囲気に。

そして菜緒は、楽しい夏休みを迎える為にもとバイトする事を決意しますが、バイト探しに明け暮れるあまり、不注意でバイクと接触してしまいます。

怪我は無かったものの、バイクを運転していたのがラーメン一番星の一人息子『一星(通称いっちゃん)』だったこともあり、弁償も含めそこでバイトする事を決断します。

しかし、バイト姿を久志に見られたくない菜緒は、バイト先について嘘をついてしまい、二人に小さな亀裂が生まれてしまうのでした。

・⑦巻 2000年3月号~2000年6月号・8月号掲載分

ひょんなことからバイトが休みになった菜緒は、久しぶりにデートしようと久志を映画に誘います。

しかし、急遽パソコンを譲ってくれる人が現れたという理由で、久志は映画をドタキャンしてしまいます。

拗ねた菜緒がスーパーで買い物していると偶然いっちゃんに会い、菜緒はいっちゃんの家で一緒に夕飯を食べて帰宅すると、パソコン購入でウキウキの久志の姿が。

菜緒の嫌な予感は的中し、久志はとにかくパソコンに夢中でほとんど菜緒にかまってくれません。

そんな時、パソコンを安く譲ってくれた相手北浦と久志の中が一部の女子の間で噂になり始めたことに焦りを感じた菜緒は、バイト先の事を正直に話します。

菜緒のバイト先が一番星だと知った久志は、早速食べに行くと決め、その日のうちに一番星を訪れます。

バイト終え、一緒に帰りながら久志にバイトする事になったいきさつを話すと、久志は130万円なんて騙されてると言い、せっかく仲直りしたのに二人はまた険悪ムードになってしまいます。

一方、久志が菜緒の兄ではなく彼氏だと知ったいっちゃんは、どんぶりを割るなど何だからしくない様子…。

果たしていっちゃんと菜緒の関係はどう変化していくのでしょうか。

・⑧巻 2000年9月号~2001年1月号掲載分

夏休みの事で頭がいっぱいで浮かれていた菜緒の期末試験の結果は散々で、追試クリアに向けて勉強する日々を送っていたある日、軽い気持ちで久志を旅行に誘います。

そこまで深読みせずに誘った旅行でしたが、まりなから二人きりで旅行とはそういう仲だと言われ、何だか変に動揺してしまう菜緒。

無事に追試をクリアした菜緒でしたが、二人きりでの旅行を妙に意識してしまい、他のみんなも誘ってしまうのでした。

二人きりだと思っていた久志は、旅行がどうでも良くなってしまい、急遽人手不足になったバイトに出る事を承諾してしまいます。

結局久志は2日目の夕方から途中参加する事になったのですが、迎えに来た菜緒と一緒に旅館に戻ると、他のみんなは既に旅館を後にしていました。

急に二人きりになった事で変に意識してしまう菜緒につられ、久志も少し緊張気味。

一度は別々に部屋に引き上げたものの、幽霊が出る部屋だという事を思い出した菜緒は再び久志の部屋に向かいます。

そこでお互いの気持ちをしっかりと確かめ合った二人は良い雰囲気になりますが、菜緒は緊張しすぎたのかのぼせてしまい、結局お預けを食らってしまう久志。

それから数日後、百合と一緒に入ったカフェの料理を食べた菜緒は食中毒で入院してしまい、その病室で出会ったのは、千崎優と千崎秀という双子の兄弟で、同じ久保校生だったのです。

一難去ってまた一難、何だか波乱の予感です。

・⑨巻 2001年2月号~2001年6月号掲載分

入院中なかなか久志に会えない菜緒は、あの旅行でのキスを思い出して夢にまで見てしまう日々。

同室の千崎優は何だか掴めないやつだし、久志にも会えないし、菜緒は早く退院したくて仕方がない様子。

そんな時、マンションのメールボックスに『別れなければ一緒に暮らしている事をばらす』という内容の脅迫手紙が届きます。

学校でも二人が同棲しているという噂が立ち始め、警戒した久志はしばらく別々に暮らそうと提案しますが、せっかく退院できた菜緒は納得できません。

何とか犯人を捕まえる方法を考える菜緒でしたが、危険だからと久志にとめられてしまいます。

一方、退院後は学校でも何かと絡んでくる千崎優に菜緒はうんざり…していましたが、ひょんなことから久志と千崎秀が仲良くなってしまいます。

別居生活もいつまで続くか分からない不安と寂しさで、菜緒はつい久志の前で泣き出してしまい、その姿を見た久志は思い切って引越しする事を提案するのでした。

そんなある日、ななこの買い物に付き合っていた菜緒は、ある女性の顔を見てハッとします。

その女性は以前マンションのエントランスで久志が仲良さげに話していた女性で、ななこが言うには、脅迫手紙が入っていた日もマンションに出入りしていたと言うではありませんか。

怪しいと踏んだ一行は後をつけると、何とマンションに入っていく姿を目撃。

疑惑が確信へと変わったと思ったら、その女性は香織の彼氏の浮気相手だったのでした。

また振り出しに戻ったと落胆していると、突然千崎兄弟が訪ねてきて、一連の騒動は自分たちの仕業だったと謝罪し、驚きながらも少しホッとする菜緒なのでした。

・⑩巻 2001年7月号~2001年11月号掲載分

香織の彼氏の浮気相手は、何と千崎兄弟と幼馴染の『まみ』だったのです。

まみの事が好きな優は、まみと久志が付き合っていると勘違いし、二股交際をしていると思い込み、秀に協力してもらい嫌がらせをしていたのでした。

犯人が分かりホッとしたものの、秀と仲が良い久志には言い出せずにいた菜緒でしたが、ある日、秀の家に遊びに行った久志は、優と秀が喧嘩している所に遭遇し、その時に犯人が千崎兄弟だった事を知ってしまいます。

親友だと思っていた秀の裏切りに怒りを覚える久志でしたが、必死に謝る秀の姿を見て、今回に限り許す事にしたのでした。

脅迫事件も一段落したある日、菜緒と久志は久しぶりの映画に出掛ける事になり、それが何気に初デートだと分かり浮かれる菜緒でしたが、映画好きの久志は並んで見るのは気が散るからと断固拒否して、二人は離れた席で見る事に…。

また偶然にも北浦に会い、映画監督について語り合う二人の姿に嫉妬してしまう菜緒。

せっかく平穏な日々が戻ってくると思っていた矢先、またしても二人には小さなすれ違いが起きてしまうのでした。

・⑪巻 2001年12月号~2002年4月号掲載分

まりなからの助言により、久志の趣味に合わせようと努力し始めた菜緒でしたが、ことごとく不発に終わり、逆に溝は深まるばかり。

そんな時、同時期に彼氏と喧嘩したまりなと菜緒は、二人で旅行に行く事を計画します。

その事を聞きつけたのが千崎優。

いっちゃんが菜緒の対して好意を持っていると確信した優は、阿部っちと3人で菜緒達の旅行先に偶然を装ってついてきます。

しかし、菜緒は妹のような存在だといういっちゃんの発言に、優の計画は不発に終わってしまい、また、菜緒も離れたことで久志と一緒に居られる有難さを再確認し、無事に仲直りしたのでした。

が、二人はある重要な事をすっかり忘れてしまっていたのです。

脅迫事件で引越しを計画し、そのまま白紙に戻していたつもりが、今のマンションには大家さんの息子夫婦が入居する事が決まっていて、急遽引越し先を探さなければならなくなった二人。

また一緒に暮らせると思っていた菜緒でしたが、久志から一人暮らしがしたいと言われ困惑してしまいます。

その事をまりなに相談した菜緒でしたが、『ずっと一緒に暮らす事になってしまう』という久志の発言をプロポーズだと思い込み、一気に有頂天に。

噂はあっという間に広がり久志の耳にも入る事となりましたが、浮かれている菜緒にはそんなつもりで言った訳ではないと言えずにいる久志。

結局菜緒の勘違いだと分かる事となってしまいましたが、二人は改めてお互いを想いあっている事を話し合い、別々に暮らす事を決意します。

引越し当日、転居先のマンションに行くと、同じく荷物を運び込む久志の姿に驚く菜緒。

実は、大家さん同士が二人には内緒で同じマンションの隣同士の部屋を契約させたのです。

突然の同居生活から始まり、次からはお隣さん同士の二人の新たな生活が幕を開けたのでした。

以上が、グットモーニングコール全巻の簡単なあらすじです。

このお話の続きは、続編のグットモーニング・キスに続きます。

グッドモーニングコールを電子書籍で読もう!

この記事では一気にあらすじをまとめていきましたが、当然、文章では書ききれない部分が多々ありますし、グッドモーニングコールを読んだときに味わえる興奮(笑)はブログ記事では再現しきれません。

やはりオリジナルのコミックを読んでいただきたいですし、読みたくなりませんか?

私の中で、最近腐女子的必須アイテムとなっているのが、電子書籍です。

電子書籍はすでにお使いでしょうか?

これ、やばいですよ?

いつでもどこでもスマホでマンガ読書が出来ちゃいます。

移動中も仕事の合間にもです。

私はこれを使い始めて積みマンガの消化率がかなりアップしました!
(ストアで漫画を検索しているうちに目移りして読みたいマンガも増えましたが。。。)

電子書籍はまだなんだよなーという方、ぜひこの機会に試してみてください。

▼ ▼ ▼ ▼

無料試し読みができるので、お金を払わずに使用感を確かめることができますよ。

といっても、慣れるまで違和感がある程度で読み始めたら全然普通のコミックと遜色ないんですけどね。

ちなみに、上で紹介した電子書籍ストアは数あるストアの中でもマンガ在庫数が最大級の、腐女子的ナンバーワン電子書籍ストアです。

※関連記事 腐女子におすすめの電子書籍ストアはこれだ!

電子書籍を活用して、腐女子マンガライフをより一段と加速させていきましょう!(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。