花ざかりの君たちへ電子コミック版

☆花ざかりの君たちへのドラマについて☆

中条比紗也の原作漫画、『花ざかりの君たちへ』は、『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』のタイトルで、2007年7月3日~9月18日まで、フジテレビ系列で毎週火曜日21:00~連続テレビドラマとして放映されました。

 

堀北真希小栗旬生田斗真など、人気俳優が一堂に会した事も当時話題となり、この枠では『WATER BOYS2』以来となる最終回の2時間スペシャルが放送されました。

 

また、2011年には『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』と題し、キャストも一新してリメイク版が制作され、2011年7月10日~9月18日まで、フジテレビ系列の毎週日曜21:00 ~放送されました。

このドラマには当時まだAKB48だった前田敦子中村蒼三浦翔平など若手のキャストが起用されましたが、2007年版より大きく視聴率を下げ、打ち切りが囁かれる結果となってしまいました。

 

台湾でも漫画版を原作にドラマが制作され、2006年11月~2007年3月にかけて『花樣少年少女』のタイトルで放映されました。

同じく韓国でもドラマ化されていて、制作側の期待が感じられる作品になっています。

☆花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~主なキャスト☆

・芦屋瑞稀(あしや みずき) – 堀北真希

・佐野泉(さの いずみ) – 小栗旬

・中津秀一(なかつ しゅういち) – 生田斗真(当時:ジャニーズJr.)

・難波南(なんば みなみ) – 水嶋ヒロ

・萱島大樹(かやしま たいき) – 山本裕典

・関目京悟(せきめ きょうご) – 岡田将生

・中央千里(なかお せんり) – 木村了

・野江伸二(のえ しんじ) – 五十嵐隼士(D-BOYS)

・天王寺恵(てんのうじ めぐみ) – 石垣佑磨

・姫島正夫(ひめじま まさお)(オスカー・M・姫島) – 姜暢雄

・神楽坂真言 – 城田優(当時:D-BOYS)

・花屋敷ひばり – 岩佐真悠子

・尼崎カンナ – 桐谷美玲

・梅田北斗 – 上川隆也

 

今見るとそうそうたるメンバーですね(^^;

豪華すぎる。。

 

さすが、「イケメンパラダイス」を謳っているだけのことはあります。

 

まさかこのときは堀北真希ちゃんがこんなに早く引退するなんて思ってもみなかったですね~。

☆花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~2011主なキャスト☆

・芦屋 瑞稀(あしや みずき) – 前田敦子(当時:AKB48)

・佐野 泉(さの いずみ) – 中村蒼

・中津 秀一(なかつ しゅういち) – 三浦翔平

・難波 南(なんば みなみ) – 桐山漣

・関目 京悟(せきめ きょうご) – 山田親太朗

・萱島 大樹(かやしま たいき) – 柳下大(D-BOYS)

・中央 千里(なかお せんり) – 西井幸人(D2)

・野江 伸二(のえ しんじ) – 鈴木勝大

・天王寺 恵(てんのうじ めぐみ) – 満島真之介

・姫島 正夫(オスカー・M・姫島)(ひめじま まさお) – 徳山秀典

・神楽坂 真言(かぐらざか まこと) – 佐藤祐基

・岸里 樹理 – 柏木由紀(AKB48)

・尼崎 カンナ – 市川美織(当時:AKB48 / 現:NMB48)

・梅田 北斗(うめだ ほくと) – 斎藤工

 

AKBの面々が登場する2011年度版。

2007年のほうが強烈すぎたか?

 

☆漫画とドラマの相違点について☆

基本的には原作の流れになっているものの、細かい設定やイベントなどはドラマオリジナルの所が多いです。

いくつかあげてみます。

・佐野泉の性格がドラマでは必要以上に冷たく思いやりがない。

 漫画ではクールに見えるがとても 瑞稀に対してやさしい。

・桜咲学園がイケメンぞろいの学校という設定になっている。

・梅田北斗の年齢が27歳から37歳になっている。

・中津秀一が関西人ではなく関西弁を使わないが、関西風お好み焼きが好きと言う設定になっている。

 また、佐野のことを名前でなく名字で呼んでいる。

・佐野泉が高飛びを辞めるきっかけは中学時のマネージャーを庇ったからではなく、アメリカで芦屋瑞稀を助けたことが原因となっている。

・花屋敷ひばりが佐野を好いている設定になっている。

・第2寮がスポーツ系の生徒の寮になっている。

 原作では、第1寮が運動部、第3寮が文化部、第2寮は混合になっている。

大きくはこのような感じでしょうか。

 

個人的には、2007年版の方が漫画のイメージにあったキャスティングのような印象を受けます。

とはいえ、どちらもイケメン揃いなので、その点は重要ポイントですね。(笑)

 

花君を電子書籍で読もう!

この記事では、ドラマ版と漫画版の違いについて書きましたが、やはり腐女子的には漫画版をもう一度読み返したい人が多いのでは?という勝手な妄想のもとに(笑)、最近私もハマっている電子書籍のお話しを少しだけさせてください。

 

電子書籍、皆さま使ってますか?

 

最近は電車に乗っていてもスマホで漫画を読んでいる人が本当に増えたな~と思います。

私も最近ようやく使い始めましたよ、電子書籍!

 

スマホで見ると正直、画面のサイズやレイアウトなど漫画より劣る点もあるのですが、それでも利用価値ありだと思いました!

 

なぜかというと、ダウンロードしてすぐに読み始められる点がたまらないからです(笑)

 

「あーイライラする漫画でも読んでストレス解消したい~!」みたいなときに超絶重宝します。(笑)

いつでもどこでも読めるので、確実に読みたいけど読めてない漫画を消化していけるのも魅力的です。

 

無料試し読みができるので、また使ったことのない方は一度ぜひ試してみてください。

▼ ▼ ▼ ▼
花ざかりの君たちへ電子コミック版
花ざかりの君たちへ電子コミック版

 

無料立読みの詳しいやり方お得な電子書籍ストア情報に関してはぜひこちらも参考にしてみてください。

記事の最後に、最もお得に読める方法も紹介しています。

 

>>【花ざかりの君たちへ】をお得に電子コミックで読もう!<<

【花ざかりの君たちへ】をお得で快適な電子書籍で読もう

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!