BASARA電子コミック版

「名言がたっぷり詰まった23巻」

1990年代の少女コミックでありながら未だ人気の高い「BASARA」

田村由美先生の独特なセンスと物語が今読んでも飽きさせない名作です。

今回は終盤の戦いで一番オススメな23巻の見所を紹介したいと思います。

なお、ネタバレが含まれていますのでご注意ください

《朱里の本当の目的》

23巻は赤の王である朱里の片腕が取れるという衝撃の展開から始まります。

21巻で朱里は国王軍としてタタラ軍と戦う為に兵を率いて行動します。

また、タタラも赤の王が朱里だとしても戦うと覚悟を決めました。

その後、最終決戦として両軍は戦いますが、なんと朱里の目的は腐った王国政を廃止する為でした。

そして国王軍一の暗殺者であり自分の師匠でもある柊に勝負を仕掛け、勝利こそするものの、朱里も無事では済まされず、片腕を落とされてしまいます。

まさかのメインキャラクターが!と当時はびっくりしたものです。

「BASARA」自体結構キャラの生き死にが激しいマンガなのですが当時の少女マンガ、いえ今読んでも結構なバイオレンス描写にびっくりした覚えがあります。

▼腐女子必見!!▼

《名言連発》

「腐った王国政を廃止する」という朱里の発言に当然兵士達は困惑します。

そうですよね、徴兵されて戦わされたのに実は負け狙いなど聞かされたら暴動も起こります。

しかし、ここでは朱里は21巻に「戦は必ず死人がでる、自分の意思で決めろ、抜けても恥ではないとがめもない」と兵士達に言っています。

「来たい者だけ来いと言った、はずだ」と言う朱里ですが、兵士達は「そんなこと言われても我々は来るしかありません」と言います。

確かに、いくら来なくていいと言われても「はい、行きません」と言えないのは日本人の性でもあります(苦笑)

そんな兵士達に朱里は語りかけます。

「なぜ?自分で決められない?いつまで人のいいなりになるつもりだ」

「己で考え!己で選び!己で決めろ!己の意思で判断で誇りを持って己のために生きよ」

「それが、それこそが新しい国ぞ!!」

※全文は載せられないので省略しましたが、もっとカッコいいセリフを言っています。

マントが自分の血で染まり、力強く語りかける様は圧巻です!

是非、最初から名言連発の23巻最初から読んでください!

《タタラとしての決意》

赤の王は最後の王として「この国をおまえたちに明け渡す!」と宣言します。

タタラはその決意を受け取りました。

後にタタラは仲間に何故助けたのか聞かれ、「赤の王は憎いが、あの血を吐くような叫びを心を受け取れない人間にはなりたくない」と発言します。

なんともタタラらしい理由です。

そして国王軍の兵士の一部は赤の王を反逆者として攻撃を始めます。

それを庇うタタラ、両軍に混乱が生まれます。

赤の王を庇うタタラを見て戸惑う仲間達の心境は複雑に描かれていて、ここも見所のひとつです。

《兵士ではなく1人の人間として》

やがて兵士達の1人が「赤の王を助けたい」と言い出します。

「1人の人間としてこんな身分の低い兵1人1人に本気の言葉で語りかけてくれた。
殺すために連れてきたんじゃない、選ばせるために来たんだと思う。
私は自分の判断で皇子(赤の王)にお味方する」

ここも何気に名言です、そうして兵士の大半も自分で考え、選び赤の王に味方します、熱い展開です!

《王に即位した浅葱》

赤の王の離反を聞き、次は蒼の王であった浅葱を王の後継者にするため京に呼ばれます。

そうしてタタラに自分のピアスの片方を託し、その後正式に王として名乗りを上げます。

次の敵が浅葱になったことを知ったタタラは、仲間として裏切らないと信じていた自分が自惚れていた!と後悔しますが、浅葱と真っ向から向き合うと決意します。

 

ここは浅葱の心情が垣間見える貴重なシーン!

ここから物語りはラストまで走り続けます!

名言と見所が詰まりに詰まった23巻、すごくオススメです!(2回目(^^;)

 

ちなみに、23巻の「再会―京都にて・揚羽―」では、珍しく動揺する揚羽の番外編が収録されています。

揚羽は本編でも活躍していましたが、なにせ朱里やタタラの印象が強くて存在感が薄れがちでした(涙)

本編で揚羽成分(笑)が少ない!っと思った方へ是非読んで欲しい番外編です。
 

「BASARA(バサラ)」を超お得&快適に、今すぐ読み始める方法

実は私、最近BASARA(バサラ)を超お得&快適に読む方法を発見してしまいました。

 

通常よりも安く買えて、しかも読みたいときにすぐに読み始められる方法です。

 

正直、この方法を知ってしまったら離れられませんよ。(笑)

 

興味のある方はぜひこちらの記事も読んでみてください♪

 

 

【BASARA(バサラ)】をお得に!快適に!今すぐ読む方法。

 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。