花ざかりの君たちへ電子コミック版

☆花ざかりの君たちへ 単行本2巻の収録話☆

『花ざかりの君たちへ』の漫画は全144話で、単行本は全23巻、愛蔵版は全12巻発売されています。

単行本2巻に収録されているのは、そのうちの第5話から第10話で、愛蔵版では1巻で読む事が出来ます。

☆花ざかりの君たちへ 漫画2巻の内容(ネタバレ)☆

ここでは『花ざかりの君たちへ』の2巻の内容について書いてありますので、ネタバレに注意して下さい。

第5話の始まりは、冬休みが明けた2月からのシーンから始まります。

瑞樹や佐野は冬休みに実家に帰らなかった居残り組でしたが、学園の皆もようやく休みボケが抜けて、活気を取り戻して来ていました。

そして、頑なに競技に復帰する事を拒んでいた佐野が、ついに復帰を決心し陸上部に入部。

ようやく佐野が飛ぶ姿を生で見れる日が近づいてきたと喜ぶ瑞樹でしたが、まだ練習風景は一度も見に行ってはいませんでした。

その頃、世間は2月のイベントごとでソワソワ…、もちろん瑞樹の周りでもソワソワ…。

そうです、2月はバレンタインデーというビッグイベントがある為です。

男子校の桜咲学園では女子とも出会いがなかなか無い為、この時期の運動部は、あえて共学の学校と練習試合を組み、あわよくばの出会いを求めていたのです。

アメリカではそんな風習が無かった為、もし自分が女の子だったら…と想像してしまう瑞樹でしたが、女だとバレてはいけない為、その思いをグッと抑え込むのでした。

そんなある日、中津から練習試合の応援を頼まれた瑞樹は、その会場で佐野のかつてのライバル『神楽坂』と初対面します。

神楽坂の傲慢な態度に思わず啖呵を切ってしまう瑞樹でしたが、神楽坂には軽くあしらわれてしまい、寮に戻ってからもイライラが収まりません。

しかし、佐野から一言お礼を言われ、あっという間に機嫌が直ってしまいます。

瑞樹は、本当単純な奴です。(笑)

数日後、登校中の二人は、桃郷学園の女子から声を掛けられ、バレンタインのチョコレートを渡されます。

女の子からのチョコに戸惑う瑞樹でしたが、佐野からの助言もあり、有り難く受け取る事に。

瑞樹へは義理チョコでしたが、佐野へ渡した女の子は本命チョコで…甘いものが苦手な佐野はもちろん断り受け取りませんでしたが、そのやり取りを見て複雑な気持ちになってしまいます。

その日の放課後、神楽坂が佐野の偵察に桜咲学園にやってきた所に偶然鉢合わせた瑞樹は、強制的に佐野の所へ案内させられます。

ムキになって瑞樹の事をかばう佐野を見て、二人がホモだと勘違いしてしまう神楽坂でしたが、神楽坂の登場で佐野はある決心をします。

次の日、どことなく心ここにあらずな様子の佐野を不思議に思っていると、佐野は瑞樹に練習を見せてあげると、運動場に誘います。

ついに佐野が飛ぶ姿が見られるとドキドキする瑞樹でしたが、何と佐野は事故の後遺症でまだ一度もバーを飛び越える事が出来ていなかったのです。

何度も必死になってバーに向かっていく佐野でしたが、その姿を見て瑞樹は思わず制止に入ってしまいます。

佐野は瑞樹がせっかくくれたチャンスだからそんな顔するなといいますが、瑞樹は元気のない佐野の為に何か出来ないかと考えます。

すると、佐野の様子がおかしい事に気付いていた中津たちが、お酒を持って瑞樹たちの部屋にやってきて酒盛りが始まります。

皆の気遣いを嬉しく思う瑞樹。

しかしその時、皆が飲み過ぎて潰れた後、水と間違い佐野がお酒を飲んでしまったから大変です!!

佐野は酔うと『キス魔』になると聞いていた瑞樹は警戒しますが、あっという間に唇を奪われてしまった瑞樹…。

しかも、とっさに佐野を殴ってしまい、次の日も合わす顔がありません。

当の佐野は酔っていて記憶はありませんが、瑞樹のよそよそしい態度を見て、自分の仕業だと察します。

一方、偶然難波先輩と二人で話し込んでいる所をとある人に見られてしまった瑞樹は、次の日から陰険な悪戯に被害に遭い始めます。

自分は何かしてしまったのだろうかと思い悩む瑞樹でしたが、周りの皆に心配をかけないよう、努めて明るく振る舞います。

そんな時、神楽坂が走高跳の記録を更新したという情報が入り、佐野は神楽坂から次回の予選会に出るように挑発され、それを快諾します。

自身への悪戯に、佐野の予選会の出場に、事態が目まぐるしく動く中、さらにもう一つの問題が瑞樹に降り掛かります。

何と、アメリカから瑞樹の兄『静稀』が日本にやってくるというではありませんか!!

男子校にいる事はもちろん知らないので、焦った瑞樹は梅田に泣きつき、どうにか女の子の洋服を工面してもらい、静稀との対面を無事に果たします。

その日の夜、食堂で兄の話をしていると、同じクラスの『中央』が瑞樹に突っかかってきます。

その場は、難波の仲裁もありおさまりますが、皆は嫌がらせの犯人は中央ではないかと噂します。

憶測で犯人捜しはしたくない瑞樹でしたが、翌日ペンキで落書きをされたのを見て、嫌がらせの犯人を捕まえるべく待ち伏せを始めます。

すると、やはり犯人は中央で…、どうやら難波の事を好いており、二人きりでいた所を勘違いしての犯行だったようなのです。

お人好しな瑞樹は、中央に友達になるように提案し、ここで二人に友情が芽生え始め、悪戯事件は終息を迎えるのでした。。

しかし、ホッとするのも束の間…、静稀が男子校に転入した事に気付き、瑞樹をアメリカに強制送還しようとします。

佐野が制止に入りますが、逆に静稀は佐野が次の予選会で飛ぶことが出来たら日本の戻る事を提案してきてしまい、佐野の負担になっているのではないかと不安になります。

少しでも佐野の助けになればと、瑞樹は佐野の練習に付き合うようになりますが、結局一度も飛べないまま予選会当日を迎える事になりました。

予選会には静稀の姿もあり、皆と一緒に佐野の競技復帰を見守ります。

もう神に祈るしか出来ない瑞樹でしたが、迎えた本番、佐野はついにバーを飛び越える事に成功します。

もちろん記録としては低い方で、残念ながら予選落ちでしたが、静稀は約束通り一人アメリカへ帰国し、瑞樹たちは無事一緒に2年生に進級するのでした。

花君を電子書籍で読もう!

この記事では、花ざかりの君たちへコミックス2巻のあらすじを超ざっくりとご紹介させていただきました。

当然ですが、あらすじの解説だけでは花君の魅力は語りつくせません。

やはり絵がないと。。(笑)

この記事を読んでいただき、花君が気になり始めた方、または以前読んだけどまた読み返したくなった…という方もいらっしゃったんじゃないかと思います。(私はこの記事のために読み返し、読みすぎましたよ!!(笑))

そんなあなたに朗報です。

花君を今すぐに読み始めることができる方法があるんです。

そうです、電子書籍です。

私も最近ハマっているのですが、皆さま電子書籍を使ってますか?

最近は電車に乗っていてもスマホで漫画を読んでいる人が本当に増えたな~と思います。(私もその一員ですが(^^;)

スマホで見ると正直、画面のサイズやレイアウトなど漫画より劣る点もあるのですが、それでも利用価値ありだと思います!

なぜかというと、ダウンロードしてすぐに読み始められる点がたまらないからです(笑)

「あーイライラする漫画でも読んでストレス解消したい~!」みたいなときに超絶重宝しますし、「あ!あの漫画が読みたい。(今の私)」というときにもその瞬間に漫画をダウンロードして読み始めることができてしまいます。

いつでもどこでも読めるので、確実に読みたいけど読めてない漫画を消化していけるところがとっても魅力的です。

 


出典:http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1401/28/news019_4.html

電子書籍(ebookjapan)の本棚はこんな感じ。

ちゃんとコレクション感もあります(^^

 

無料試し読みができるので、また使ったことのない方は一度ぜひ試してみてください。

▼ ▼ ▼ ▼
花ざかりの君たちへ電子コミック版
花ざかりの君たちへ電子コミック版

 

無料立読みの詳しいやり方お得な電子書籍ストア情報に関してはぜひこちらも参考にしてみてください。

記事の最後に、最もお得に読める方法も紹介しています。

>>【花ざかりの君たちへ】をお得に電子コミックで読もう!<<

【花ざかりの君たちへ】をお得で快適な電子書籍で読もう

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!