桂木の人物像

フルネームは「桂木智之」(かつらぎともゆき)。

主人公の久世暁人(くぜあきひと)とは、教育係として10歳の時に出会います。

暁人は両親の不幸に立て続けに見舞われ、その後、父親からの遺言で、生まれ育った鎌倉を離れ、久世の本邸がある東京にやって来ました。

 

暁人は父親から「何も考えずに桂木の言うとおりにすれば良い」と言われており、桂木と言う人物に父親のような人をイメージします。

 

しかし、初めて会った桂木は予想よりもはるかに若く、少し冷たいような、どこか怖いような印象を受けます。

桂木は先代の旦那の頃から久世家に仕え、何事にも秀でており、桂木家の三男でなければ、お家を継いでもおかしく無いほど才能にあふれた人物

旦那の死後、問題なく暁人を子爵として迎える事が出来たのも、桂木の力があってこそと他の使用人たちからも信頼も厚いです。

 

暁人に対しては、久世家の跡継ぎにふさわしい人物になるように、教育係として厳しく接します

 

旧藩時代は、久世と桂木は主従関係にあるというのに 今はまるで疎遠。

後継者がいないことから 分家の桂木から養子縁組により跡継ぎとして育てられてきた桂木ですが、その二年後に暁人が生まれてから人生が変わり始めます。

 

厳しく接するのは暁人の為ではなく、久世家の為

 

桂木は久世家の爵位をあげる為なら、肉体関係もいとわず、今も昔も自分の旦那様は先代だけであると、暁人に言い放ちます。

久世家の為と言いながらも、どこか久世家を憎んでいるような一面も見せる桂木なのです。

 

桂木の父親について

桂木は桂木家の三男坊で、上に兄が二人。

桂木家は元々は久世の分家で、代々家老職についていたほどでしたが、今ではすっかり疎遠になってしまっています。

 

現在は、一番上の兄、桂木高幸(たかゆき)が頭取となり、銀行を経営しています。

 

桂木は、子供が出来なかった暁人の父、先代の時代に、跡取り候補として9歳の時に久世家に引き取られました。

 

その時に、二度と桂木家に戻る事は無いと言われ、自分からも素性を話そうとはしませんでした。

桂木家の先代は、少し前から体調を崩して療養中でしたが、言いつけを守り見舞いにも顔を出さない桂木に対して不信感を抱いた暁人は、友人の石崎の口利きもあり、一番上の兄、高幸に会う事にします。

高幸の話と、その後、森山侯爵の夜会での二人の会話を聞いた暁人は、自分の憶測が確信に変わります。

 

桂木は、先代の父親の実の子ではなかったのです。

 

二人の兄とは母親も父親も違う、先代ではなく、先々代、つまり祖父の妾の子供だったのです。

 

しかも、桂木自身、その事実を既に知っていました。

 

先々代は女遊びが好きで、本当にその妾の事どうかも分からないと桂木は思っていますが、その事実の為、智之は桂木家から出され、久世家の養子として厳しく指導されていたのでした。

 

これで、桂木の出生の秘密がすべて明らかになったと思いきや…、まだ事実は隠されていました。

桂木智之は、確かに妾の子でしたが、父親は桂木家の先々代ではなく、久世家の先々代の庶子だったのです。

 

この事実により、物語はまた一気に展開していきます。
 

「憂鬱な朝」を超お得&快適に、今すぐ読み始める方法

 

私、最近憂鬱な朝を超お得&快適に読む方法を発見してしまいました。

正直、この方法を知ってしまったら離れられませんよ。(笑)

 

興味のある方はぜひこちらの記事も読んでみてください♪

 

 

【憂鬱な朝】をお得に!快適に!今すぐ読む方法。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。