「BASARA(バサラ)で人気のカップリングは?」

著・田村由美不朽の名作「BASARA(バサラ)」

魅力的な男性キャラクターの多い田村由美作品の中でも男前、美形の揃った作品です。

 

本来は少女マンガですが、BLとして妄想が捗る作品でもあります!

 

今回はオススメのカップリングを紹介したいと思います。

なお、個人的解釈を多く含みますので一つの考え方として読んでいただければと思います。

 

《因縁のある関係が堪らない・朱里×浅葱》

BLでは鉄板の「憎いけど気になる存在」の2人。

 

傍若無人で俺様気質な朱里ですが、浅葱の存在や行動がいつも予想外で振り回されていました。

一方の浅葱も朱里が憎くて堪らない反面、生かさず殺さず、かまってくれとばかりにちょっかいをかけます。

 

お互いの実力を認めているからこそ意識せざるを得ない展開が熱いですが、それゆえ妄想もアツくなります。(笑)

 

《複雑な関係・四道×揚羽》

元・奴隷の揚羽生粋の軍人である四道

 

四道の父親に稚児として性的虐待を受けながら育った揚羽、色々な人の助けで奴隷時代のトラウマを克服しながらも四道の事は良い意味で忘れられなかったようです。

また、軍人として揚羽を奴隷扱いせず、赤の王に忠誠を誓い先陣を切って戦場に立つ四道はまさに人格者。

 

まったく正反対の人生を生きてきた2人ですが、作中ではいちゃいちゃじゃれあっています。

 

朱里も四道を慕っていましたが、揚羽はあきらかに四道に抱かれても良い!と言う表現があります!(コミック版では25巻、揚羽の外伝に載っています)

 

それだけに運命の女性にも、好いた男性にも恵まれなかった揚羽の幸薄さに涙を禁じえません(泣)

 

《熊野の仲良し幼馴染・那智と聖》

熊野、都道府県で言うと和歌山の総元締めの息子2人。

 

元気な那智と頭の切れる聖の組み合わせは連載当時から人気が高い2人でもありました。

後にタタラ軍に入った後もお互いを信頼しあっているシーンが多々あります。

 

まさにBL妄想が止まらない2人でもありました!

 

カップリングとして那智×聖、聖×那智なのかは人によって分かれると思いますがオススメの2人です。

 

特にコミック7巻掲載の「瑠璃の章7・魔の森」見開き表紙の那智と聖はかっこいい!

 

天狗等の衣装がとてもよく似合っています!個人的にタタラ軍衣装よりスマートで好きです!

 

なお、TVアニメ版では朱理CV: 井上和彦さん、揚羽CV:塩沢兼人さん、浅葱CV:佐々木望さんと腐女子ではお世話になりっぱなしな声優さんばかりです。

 

いまでも某コメント付き動画サイト(笑)でドラマCDを聞くことができますので、BL好きにはたまらないと思います、是非聞いてみてください!

あくまで「BASARA(バサラ)」は少女マンガなので主人公が女の子なのでBLにならないのが残念なのですが(笑)

 

それゆえ、(逆に?)脇を固めるキャラクター達が魅力的で妄想が止まらなくなる、素敵な作品ですね。

 

「BASARA(バサラ)」を超お得&快適に、今すぐ読み始める方法

実は私、最近BASARA(バサラ)を超お得&快適に読む方法を発見してしまいました。

 

通常よりも安く買えて、しかも読みたいときにすぐに読み始められる方法です。

 

正直、この方法を知ってしまったら離れられませんよ。(笑)

 

興味のある方はぜひこちらの記事も読んでみてください♪

 

 

【BASARA(バサラ)】をお得に!快適に!今すぐ読む方法。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。