絶賛連載中でコミックス第五巻まで発売しているテンカウントですが、

今回はその物語の一番最初の二人の出会いから治療を始めるまでが描かれている1巻の感想をまとめてみました。

テンカウント 1巻のあらすじ

潔癖症で社長秘書を務めている城谷は偶然社長の事故を助けてくれた黒瀬と出会います。

 

城谷の手袋を見て黒瀬は城谷が潔癖症であることに気付き、早めに治療した方がいいと伝えます。

そんな黒瀬に城谷は「あなたには関係ない!」と怒鳴ってしまいました。

 

帰宅した城谷は手を洗い消毒をします。

自分でも治したいと思っている潔癖症。

 

黒瀬に言われたことで心療内科へと足を向けました。

 

しかしいざ、というところでどうしても足が進まず病院の前でうろうろ。。

 

しているところで黒瀬と再会します。

 

実は黒瀬がカウンセラーであることを聞く城谷。

 

そして黒瀬から「10項目を1つずつクリアする」という治療を受けることになります。

 

友達になろうという黒瀬に城谷は笑いますが、城谷はそんな黒瀬を変な人だと思いながらも次第に心を許していくきます

 

1巻は物語の本当に序章という感じですね。

 

二人がどうして出会い、どうやって仲を深めていくのかが気になるところで終わっています。

 

城谷がただただかわいい

1巻の醍醐味はもうすべてこの一言に尽きます。

 

城谷さんが凄くかわいいんです。

 

ていうか仕事をしているときと黒瀬といるときとのギャップが凄すぎます。

 

仕事をしているときはカチッとしていてさすが秘書という感じなのに黒瀬といるときは素の自分になれるのかすごくリラックスしているいるのが読んでいてよく分かります。

 

そして黒瀬からの連絡を待っている城谷が本当に可愛くてですね、恋愛初心者過ぎてまるで女子高校生の様。(笑)

 

とにかくかわいいです。

 

デートではないですが食事が楽しみで眠れなくて気持ち悪くなってしまうとか、

 

遠足を前にした子供じゃないんだから!

 

と思いつつもそれがまた可愛くて、

 

城谷の治療が終わらなければいいのに!

 

ってついつい思ってしまいますね。

 

1巻の最後で黒瀬にサヨナラって言われて泣いてる城谷が

本当に黒瀬と離れることを辛いと思い始めてるのが分かって

なんだかこっちまで辛くなってきてしまいました。

 

早く二人に幸せになって欲しいと思ってしまいますね。

 

 

黒瀬がクールすぎる

城谷があわあわしているのとは対照的に黒瀬が凄くクールです。

 

最初に友達になってくださいって言ったときの顔もほぼ無表情で本当に何を考えているのかわかりにくいキャラクターでした。

 

でも城谷さんを見る目が優しかったり倒れたときに慌てていたというのを院長先生がからかっているときの黒瀬は年相応に見えてちょっと可愛かったです。

 

5話の最後の方で城谷にキスしようとしている黒瀬が距離を置くところは

お前なんで逃げようとしてるのって思ったのに

 

6話で完璧に「城谷さんなら大丈夫」

とか言ってサヨナラ言っちゃうのは読んでてちょっとムッとしてしまいました。

 

城谷さんをこれだけ振り回しておいてひどすぎる。と。

 

けど実際は、黒瀬も城谷さんの事が気になりすぎて好きになり始めてたからなんですよね。

 

そう思うととてもかわいいです。

 

二人の物語はまだまだ1巻では進みませんが、黒瀬に惹かれていく城谷さんが本当に可愛いくて、すぐに2巻が読みたくなる内容になっていますよ♪

 

「テンカウント」を超お得&快適に、今すぐ読み始める方法

私、最近テンカウントを超お得&快適に読む方法を発見してしまいました。

 

通常よりも安く買えて、しかも読みたいときにすぐに読み始められる方法です。

 

正直、この方法を知ってしまったら離れられませんよ。(笑)

 

興味のある方はぜひこちらの記事も読んでみてください♪

 

 

【テンカウント】をお得に!快適に!今すぐ読む方法

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。