☆7巻のあらすじ☆

7巻に収録されているのは、第34話~第39話。

 

桂木が、初めて暁人に弱音を吐いた夜。

 

その姿を間に当たりにした暁人は、最後の生き証人、病床の「桂木高正」の元に向かう事にします。

 

その頃桂木は、雨宮とともの馬車に乗り、今後の事について話をしていました。

 

桂木は依然として、久世家と暁人の為にならない事は、何としても阻止するという考えのようで…。

雨宮は桂木に、「今暁人が目指している新しい久世家は、かつて桂木が目指していたものと似ている」と言います。

 

そのころ、暁人は桂木家別邸に到着。

そこにはなんと高之の姿があり、しかも何やらお怒りの様子…。

 

高之は誤解をしているようですが、暁人は「桂木を当主として迎えるつもりはない」とはっきりと言います。

 

そして、桂木も、石崎家の当主と決着を付けようとしていました。

 

前巻では停滞していたように見えた桂木ですが、「工員を路頭に迷わすわけにはいかない」と、石崎から縫製工場を買い取るため、兄に協力を仰ぎ、兜町で暗躍します。

 

暁人は高之を説得し、高正と二人で話す機会を得ます。

明らかに様子がおかしく、何かを隠している高正に、暁人は自分がたどり着いた仮説を話します。

 

そう…、それは桂木の出生について…。

 

頑なに口を紡いでいた高正でしたが、暁人はようやく口を割らせることに成功し、「桂木智之は芸者知津の子に間違いない」と宣誓書を書かせます。

 

そして桂木も、石崎から紡績工場を買い取り、経営権も手に入れ、高之の悲願であった事業の拡大にも光を指す結果を残したのです。

 

これにより、ずっと意地を張っていた高之の気持ちにも変化が見られ、養子を取る事も考え始めたから驚きです。

 

すべてを終えた桂木は、石崎家の大番頭の地位を解かれ、暁人が待つ鎌倉へ

 

桂木が家や暁人に囚われずに動いたことを暁人も喜び、「桂木智之にしかできないことを成し遂げてほしい。お前は僕の指針だから…」と思いを語ります。

桂木はその言葉を遮って「ずっと あなたならどうするか考えていました」と…。

 

久しぶりに会った二人は夜を一緒に過ごすのも久しぶり。

 

ここでは、子供のように「朝になってもいなくならないって約束して。約束してくれなきゃ動かない」とダダをこねる暁人に、「朝まで寝かせなければいいでしょう?」と桂木は大人の返し。

 

桂木優位のちょっと前の関係を見てるようですね。

そして、久しぶりに激しく愛し合った二人は、ようやく二人での朝を迎えます。

 

果たして二人は一体何の話をするのでしょうか…。

☆7巻の特典☆

・「アマゾン限定:描き下ろしSSペーパー」

A4サイズのペーパーですが4枚分のマンガ描いてます(4つ折りになってコミックスに挟み込まれてると思います)

【Amazon.co.jp限定】版と、何もついていない通常版があるみたいなので、アマゾンでご購入予定の方はペーパー付きを選んだほうがお得かと思います。

今回は真面目(本編に沿ったバージョン)で、1巻の頃の桂木の話が描かれています。

・「アニメイト初回限定:ダブルカバー仕様」

7月発売のChara Selection9月号で描いた巻頭カラーの見開きを流用しています。

通常カバーの上にもう1枚ついてくる形なのでこちらもお得かと思います。

・「コミコミスタジオ:クリアファイル(B5サイズ)」

2015年11月発売のChara Selection1月号(2016年)の雑誌表紙用のイラストを使用しています。

・「ホーリンブックス:カバーイラストブロマイド」

7巻の表紙を使用したものになります。

表紙よりは引きなのかな?6巻と同じものだとしたら写真サイズのものだと思います。

 

このような感じですが、あくまでも発売当初のものなので、すでに終了しているものもあります。

悪しからず…(笑)。

 

「憂鬱な朝」を超お得&快適に、今すぐ読み始める方法

 

私、最近憂鬱な朝を超お得&快適に読む方法を発見してしまいました。

正直、この方法を知ってしまったら離れられませんよ。(笑)

 

興味のある方はぜひこちらの記事も読んでみてください♪

 

 

【憂鬱な朝】をお得に!快適に!今すぐ読む方法。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!