数ある夢小説ジャンルの中に「成り代わり」があります。

 

この記事では「刀剣乱舞」の人気キャラクターのひとり「鶴丸国永(つるまるくになが)」を例に成り代わりとはどういうものか?説明していきたいと思います。

 

《既存のキャラクターと「成り代わる」》

成り代わりとは言葉の通り、既存のキャラクターと「成り代わる」事です。

 

「鶴丸国永」の成り代わりとなると、自分が「鶴丸国永」になる夢小説になります。

 

自分がそのキャラとなってしまうという事は、原作にそのキャラは登場しなくなりますので、原作やそのキャラが好きな方からは反感を買ってしまうジャンルでもあります。

もし、自分で創作する際はサイト等に十分な注意書きが必要でしょう。

 

《「成り代わり」をする意味は?》

夢小説はオリジナルキャラクターを設定し、原作に組み込むのが大半だと思います。

しかし成り代わりの場合、「鶴丸国永」として他キャラといちゃいちゃするのが醍醐味です。

 

例えば、鶴丸は刀時代、伊達家に同じく所持されていた「燭台切光忠」「大倶利伽羅」と仲がよく、ゲーム中でもアニメ版でもよく一緒に居ます。(鶴丸も2人を「光坊」「伽羅坊」と呼び合う仲です、あだ名で呼んでいるの萌えました!

 

成り代わりは【そんな鶴丸のポジションを自分・またはオリジナルキャラクターに成りかえる】事。

 

既に設定されているキャラになるので、すんなりと物語に入りやすいです。

 

そして、鶴丸に成り代わるキャラも少しオリジナル性を持たせた鶴丸でもいいですし、オリジナルキャラクターの女性でも、何かワケ有りな設定を盛り込んでもOK!

 

流行の転生したら○○になっていた!なんという事も有り!

そこは夢小説ならではです。

 

《夢小説にする醍醐味は?》

「成り代わり」がジャンル分けされているのは、成り代わったキャラが好きだった人があまり良い思いをしないのが大半かと思います。

 

上記で例えると「鶴丸のポジション(燭台切や大倶利伽羅と仲良しで他キャラとも関連がある)に自分がなりたい」と「成り代わり」をするので、鶴丸好きな方は自分の推しが登場しないので良い気持ちでは読めないでしょう。

 

逆に燭台切や大倶利伽羅が好きな人は、最初から仲良しで物語が始まるので夢広がりまくりです。

「成り代わり」にはそういったメリットが沢山あります!

 

自分の好きな設定や書き手さんを見つけたときのテンションは異常なぐらいあがりますよ(笑)

 

《住み分け!大事!》

どんなに読みやすくて面白い小説でも、やはり苦手なものは苦手な人が居ます。

 

夢小説において「成り代わり」は「嫌われ」や刀剣乱舞特有のジャンル「ブラック本丸(刀剣男士への扱いが酷い)」と一緒に読む側へ注意喚起が必要なジャンルです。

(私は「嫌われ」小説が主人公が辛い思いをするので少し苦手です・・・)

 

書き手は注意書きを、読み手は確認を、トラブルを防ぐためにもジャンルの住み分けは大事!

 

より良い夢小説ライフを楽しんでください!

 

刀剣乱舞関連書籍を無料で読むチャンス!

刀剣乱舞はその人気からアンソロジーコミックスが何冊も発売されています。

そして、今ならなんとそれらのコミックスを無料で読むことができるんです!

 

というのも、動画配信で有名なU-NEXTが最近電子書籍配信サービスも始めたのですが、

現在、新規入会キャンペーンとして、初回31日間会費無料キャンペーンに加えて、

600ポイントのポイントプレゼントキャンペーンをやっているんです。

 

U-NEXTで電子コミックを読むにはポイントを購入してそのポイントを交換する必要があるのですが、

今ならこの600ポイントを利用すれば無料で刀剣乱舞のコミックスがゲットできてしまう状態です。

 

このキャンペーンはあくまでも期間限定のものであり、いつまで続くかわかりませんので、

もしまだU-NEXTに入会していないなら今のうちに入会して600ポイントをゲットしておくことがおすすめですよ(^^♪

※600ポイントを超えるコミックも差額分の料金で読むことができます。

 

 

ちなみに、無料期間中にU-NEXTの解約をした場合にはお金は一切かかりませんので安心してくだいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!