進撃の巨人には魅力的な女性キャラクターも多いですよね。

そんななかでもリヴァイ班の所属する唯一の女性キャラクターであるペトラが非常に好きでした。

リヴァイ班の紅一点とのことでペトラとリヴァイ兵長の関係性も気になる所でしたので

今回はこの二人の関係性について書いていきたいと思います。

 

【ペトラ・ラルについて】

先述にもあるようにペトラは特別作戦班所属の紅一点女性兵士です。

誕生日は12月6日。身長は158センチ、体重は55キロと非常に女性らしい感じが伺われます。

容貌も非常に可愛らしく性格も穏やかで巨人化できる主人公のエレンに対しても

分け隔てない態度で接していました。

しかし、男性兵士と比べても引けを取らないほどの戦闘能力を誇り、巨人の討伐実績もなかなかのものです。

巨人と言う得体の知れないものと戦うことになるので迅速な行動と

最悪を想定した非情な決断ができる兵士として、全盛期の調査兵団から

リヴァイ兵長にその実績や生存確率の高さが買われました。

ペトラはリヴァイ兵長を非常に慕っており、同じ班に配属された喜びを父親に手紙で報告しています。

 

【リヴァイ兵長への想い】

先述にもあるようにペトラはリヴァイ兵長に対して非常に強い尊敬の念を抱いていました。

そのことがわかるエピソードとしてペトラと編入以前からの知り合いのオルオが、

リヴァイに憧れ真似たがる言動をしていることと、

その不似合いな様子に辟易している様子が描かれています。

このように何かと絡むオルオには辛辣な態度で接し、

「リヴァイ兵長はそんなこと言わない!!!」尊大で不遜な態度に度々ツッコミを入れています。

生きるか死ぬか常に危険と隣り合わせの調査兵団ですから憶測での話になりますが、

ペトラはリヴァイ兵長に尊敬の念とは別に恋愛的な感情をもっていてもおかしくはないなと

見てとれるように個人的には思いました。

 

【ペトラの最期】

非常に優秀でリヴァイ兵長からの信頼も厚かったペトラですが女型の巨人との戦いにおいて

エレンを逃すべくリヴァイ班の仲間であるエルド、オルオとともに共闘するものの、

エルドが殺されたことで動揺し、オルオの指示も耳に届くことなく、木と挟まれる形で踏み潰されて戦死しました。

ペトラの遺体を見つめるリヴァイ兵長の表情がとても印象に残っています。

そして帰還後にペトラの父親から娘に見つかるまえに話したいことがあるとリヴァイ兵長に話しかけますが

リヴァイ兵長はそれに返答することができませんでした。

このときリヴァイ兵長のもとに配属された喜びを父親に宛てた手紙に綴っていたことをしることになります。

 

リヴァイ兵長がペトラに対して恋愛的な感情を持っていたかどうかは疑問が残る所もあるように思いますが

それ以上に一緒に闘ってきた信頼しあい、命を預け預けられる

もっと深い家族とも近い関係性だったのではないかと思いました。

 

 

進撃の巨人最新刊が、今なら実質無料で読める!

コミック単行本が毎回続きが気になりすぎるところで終わる進撃の巨人。(笑)

実は今、その最新刊の電子コミックが実質無料で読めちゃうキャンペーン中の電子書籍ストアがあるんです。

 

その電子書籍ストアは、U-NEXT

 

U-NEXTは動画配信のイメージが強いですよね?

ただ最近は電子書籍にも力を入れているようで、今入会すると31日間無料キャンペーンに加えて、【600ポイントプレゼント】キャンペーンをやっているんです。

で、この600ポイントがあれば、進撃の巨人を1巻分丸々、実質無料で読めちゃう、という感じです。

 

もちろん600ポイントの使い方は自由ですから、まだ読んでいない好きな巻を買ってもいいですし、まあほかのマンガを買ってもいいわけです。

 

おそらくこのキャンペーンはそんなに長くやらないんじゃないかな?という感じがしますので、気になる方は今のうちに会員登録して600ポイントゲットしておいてくださいね!

 

>>進撃の巨人を実質無料で読む!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!